「Coco幸」は、人と動物が豊かに暮らせるまちづくりを目指す情報ネットワークの会です。
真面目な話から面白い話まで、お役に立つ様々な情報の発信と共有の場です。

「まずは知ってもらうこと」ここからのスタート。
次に「自分たちにできることがあればやってみよう」
そして「人と動物も幸せに暮らせる社会」の実現に近づく。

※関心や興味を共有する情報交換のネット・コミュニティのため申し訳ありませんが動物の預かり、保護依頼は受け付けておりません。

野良猫の不妊手術助成金

ちょっと調べてみました。

尼崎にある兵庫県動物愛護センターの受け持つ管轄は、芦屋市 伊丹市、宝塚市、川西市、猪名川町

、三田市、丹波市、篠山市ですが、野良猫の不妊手術助成金を出しているのは、宝塚市のみです。



横浜市は、市民の要望から実現したみたいです。


<  ご 報 告  >


平成25年度から、

動物愛護センターで、野良猫等の無料不妊手術が開始される


かねてより市民要望があり、太田正孝市会議員が、市長および健康福祉局に対して強く

要請していた表記無料不妊手術実施について、岡田健康福祉局長は、平成25年度より

動物愛護センターで実施していきたい旨、太田正孝市会議員に対して表明した。


これは、本件につき開催された「太田議員・鈴木隆副市長・岡田局長会談」の場で、

岡田局長が言明したもので、岡田局長は、「センター勤務の獣医師に、手術技量が十分

でないこと等から、無料手術開始からしばらくは、市内開業獣医師の協力得て、当初は

少数から、次第に頭数を増やしていきたい」と述べた。


さらに局長は

「過日、センターで無届出行われた治験などが今後行われないように、動物愛護センター

を指導していきたい。

先生はじめ、市民の皆様にご心配をかけて申し訳ありませんでした」と深々と頭を下げた。


太田議員は「年間1000頭を超える犬猫が殺処分されている現況は看過できない。

殺処分ゼロを目指し努力していただきた」と述べたところ、岡田局長ははっきりと

「そうしたい」と、決意をあらわし、同席した鈴木副市長は

「今後、予算も含め、財政局等と煮詰めていく」と述べた。


太田議員が

「これを契機に、横浜市を日本一の動物愛護模範都市としていただきたい。

只今は最悪の・・・動物愛護とは名ばかりの、動物殺処分センターなっているが、

名実ともに、世界に誇れる動物愛護センターにしていこうではないか」と述べたところ、

鈴木副市長・岡田局長は大きくうなずき、賛同し、その決意を顕にした。


尚、その場で、太田議員は

「注意深く今後の推移を見守っていくが、この、鈴木・岡田・太田会談の完全で、速やかなる実施・・・

できれば、来年と言わず、今日明日からでも不幸な野良猫・野良犬等を減らす施策を実施

されるよう強く希望する」と述べた。


本件については、近々、当局より太田議員対して「約束履行の誓い紙」が交付されることになっている


以上、

ご報告申し上げるから、多くの市民・動物愛護団体・関係者の皆様に、伝達願いたい。


たくさんの人に見ていただきたいと思っています。
お鼻をポチして応援してください!

コメントの投稿

非公開コメント

迷子札
会員限定企画!
r3.jpg
パンフレット紹介
画像は環境省自然環境局のサイトにリンクしてあります。
ここで全文を読むことができますので、是非、読んでみてください。
r45.jpg

r3.jpg

                  r4.jpg

r2.jpg

r1.jpg

r5.jpg

r6.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

h2506.jpg

ポスター紹介
p3.jpg p1.jpg poster04.jpg
ブロとも一覧
のぞいてみてね。
犬のしつけとドックダンス
見て見て!
犬の訓練、ペットシッター