「Coco幸」は、人と動物が豊かに暮らせるまちづくりを目指す情報ネットワークの会です。
真面目な話から面白い話まで、お役に立つ様々な情報の発信と共有の場です。

「まずは知ってもらうこと」ここからのスタート。
次に「自分たちにできることがあればやってみよう」
そして「人と動物も幸せに暮らせる社会」の実現に近づく。

※関心や興味を共有する情報交換のネット・コミュニティのため申し訳ありませんが動物の預かり、保護依頼は受け付けておりません。

動物愛護センター 尼崎市編

センター見学リポートです

尼崎市で収容動物を譲渡してもらおうと思うと、まず手続き
として以下のような事をしなければいけません。

1.尼崎市動物愛護センターに電話による問い合わせをしていただきます。
2.尼崎市動物愛護センターまでお越しいただきます。
3.動物譲渡申し込み書および譲渡調査票を提出していただき面談をさせていただきます。
その時に、希望される動物についてお聞きします。
4.お宅までおうかがいして飼養環境調査を行います。
5.審査後、結果をお知らせします。譲渡できない場合もご連絡いたします。
6.譲渡を承認された方は譲渡者名簿に登録します。
7.譲渡を希望する動物が処分決定されれば連絡いたします。
8.誓約書を提出していただいた後、譲渡を行います。
9.譲渡後の事後調査を行います。


ここで、まっちゃんが以前から提案していた、事前にメールか、
Webなどで受付できないの?
というのを聞いてみました。
なぜかというと②③はセンターに来ていただかなくても④で出来るのではないか?
と思うからです。
センターは、今現在土、日は開けておられない。
よって平日しか受付けていただけないので働いている人は、申し
込み、面談でセンターへ行くで、仕事を1回目休む。

仕事をされている方は②③と④で2回目休むことになります。

さらに⑧でセンターに譲渡の犬、猫をもらいに行く。
ここでもう一度仕事を休まなければいけない。
合計3回も続けて短期間に平日仕事を休める人なんて少ないですよ。

⑨の譲渡後の事後調査は、ハガキで確認という事です。

これに対して、尼崎市動物愛護センターTさんはまずは電話してください
個別に、ご相談させて頂いています。
それに、来年からは、奇数月第三土曜日に午前中だけですが、
譲渡会を開く予定です


譲渡までの手続きの流れをみているとこんなに手間なの?
役所の職員の方って怖そうだし、家に来てもらってチェック
(ハードルが高い訳でなく、極端な多頭飼育や虐待をするような
事はないかという所見られるようです。これもどんな事を見られる
のか聞いとけばよかった。次回にでも)
されてダメだったら、嫌だし。
とかいう不安が解消しました。

役所の方というと本当に怖い感じで(私だけ?)、規定
以外のことはダメ! と言われ、受付けて頂けない感じ
なのですが、
優しい受け答えで、希望者の都合も聞いて下さる様子
で嬉しく思いました。
でも、この様な話を聞くと
平日、休日関係なしにドンドン忙しくなられるのでは?
と思ってしまいます。

収容動物も見せていただきました。

025.jpg

これは犬の房で、6房ありました。
3匹のダックス、黒くてモコモコの犬、飼い主からの引取だという柴犬の計5匹が収容されていました。
あと1匹収容されたら6房はいっぱいになります。
そして次の子が入れば、誰かが処分になるのです。

026.jpg

こちらは猫を収容する房で、8房ありました。
現在収容されているのは2匹で、飼い主からの引取です。
ちょうど、お掃除されているところでした。

リポートはまだ続きます。

          by  mamara



たくさんの人に見ていただきたいと思っています。
お鼻をポチして応援してください!

コメントの投稿

非公開コメント

迷子札
会員限定企画!
r3.jpg
パンフレット紹介
画像は環境省自然環境局のサイトにリンクしてあります。
ここで全文を読むことができますので、是非、読んでみてください。
r45.jpg

r3.jpg

                  r4.jpg

r2.jpg

r1.jpg

r5.jpg

r6.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

h2506.jpg

ポスター紹介
p3.jpg p1.jpg poster04.jpg
ブロとも一覧
のぞいてみてね。
犬のしつけとドックダンス
見て見て!
犬の訓練、ペットシッター