「Coco幸」は、人と動物が豊かに暮らせるまちづくりを目指す情報ネットワークの会です。
真面目な話から面白い話まで、お役に立つ様々な情報の発信と共有の場です。

「まずは知ってもらうこと」ここからのスタート。
次に「自分たちにできることがあればやってみよう」
そして「人と動物も幸せに暮らせる社会」の実現に近づく。

※関心や興味を共有する情報交換のネット・コミュニティのため申し訳ありませんが動物の預かり、保護依頼は受け付けておりません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



たくさんの人に見ていただきたいと思っています。
お鼻をポチして応援してください!

動物愛護センター 尼崎市編その2

尼崎市は、怒涛のように改革中みたいです。

 まずは収容動物のワクチン、体内体外の寄生虫の検査と駆除、フェラリアの検査、猫についてはFIV(エイズ)FeLV(白血病)の検査を11月からしています。
今まで収容される数が多かったので、譲渡される機会が得られる事なく殺処分されていました。
しかし、ケンネル事件から取り組みでもちろん影で必死に頑張っておられるボランティアさんのおかげで殺処分される数が減りました。

犬60頭、猫600頭弱
(今年度はもう少し減っています)

犬については、条例でリードでつなぐ事が書かれている(訓練中で人に危害を加えない犬の場合はの時もある、これも各自治体によって微妙に違う。)ためと狂犬病の事から登録制があり行政で管理されているため(この業務が仕事の半分を占めるそうです。)飼い主が逃がしてしまうか、飼育放棄しない限りは、センターに入る事はない。

    t02200268_0236028712289669340.jpg

しかし、猫については難しい。

この600頭のうちのほとんどが生まれて間もない子猫です

猫に関しては、狂犬病も人に危害を加える危険性も低い事から規制が無いので昔から放し飼いが行われてきました。
昔はネズミを駆除するためでしたよね。
そのため、不妊、去勢手術がされてないと年2,3回子猫を3,4頭産むことになります
この子達がセンターに持ち込まれる事になる。
もちろん、野良猫が産んだものも。
持ち込まれた猫が離乳前だと授乳しなければ生かせない。
センターの収容動物お世話されている方は、12時から4時に来られて、糞尿の掃除、散歩、給餌をされますが、数時間おきの授乳はできない。
結果、子猫が週3回殺処分されるために処分施設に送られる。

殺処分されるのは、センターの収容施設が一杯になったところで玉突きの様に押し出されていく。
犬6頭猫8頭が上限。


つづく
            by  mamara


たくさんの人に見ていただきたいと思っています。
お鼻をポチして応援してください!

コメントの投稿

非公開コメント

迷子札
会員限定企画!
r3.jpg
パンフレット紹介
画像は環境省自然環境局のサイトにリンクしてあります。
ここで全文を読むことができますので、是非、読んでみてください。
r45.jpg

r3.jpg

                  r4.jpg

r2.jpg

r1.jpg

r5.jpg

r6.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

h2506.jpg

ポスター紹介
p3.jpg p1.jpg poster04.jpg
ブロとも一覧
のぞいてみてね。
犬のしつけとドックダンス
見て見て!
犬の訓練、ペットシッター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。