「Coco幸」は、人と動物が豊かに暮らせるまちづくりを目指す情報ネットワークの会です。
真面目な話から面白い話まで、お役に立つ様々な情報の発信と共有の場です。

「まずは知ってもらうこと」ここからのスタート。
次に「自分たちにできることがあればやってみよう」
そして「人と動物も幸せに暮らせる社会」の実現に近づく。

※関心や興味を共有する情報交換のネット・コミュニティのため申し訳ありませんが動物の預かり、保護依頼は受け付けておりません。

カレンダー

 昨日、かかりつけ医にてカレンダーをいただきました。
病院のカレンダーって、すごくためになるんですよ。
なので紹介させてくださいね
これはワンちゃんのカレンダーです。

001_20121126104144.jpg

ミニシールもついてます
シールは、誕生日、おでかけ、フィラリア、ワクチン、狂犬病、病院です。

表紙に書かれているのは・・・

いつも、かけがえのない家族の一員として、ともに暮らしているペットたち。
こんなにすてきで楽しい時間をさずけてくれるペットたちを、責任をもって健やかに育てるのか、私たち飼い主の役目です。
いままで以上に、深い愛情と、正しい理解、十分な知識をもって接してあげてください。
それはペットたちにはもちろん、私たちの幸せにも必要なことなのです。


002_20121126104810.jpg

 寒い時期こそ健康管理をしっかりと 

<1月>
この時期は家族が家で過ごす時間が長く、イベントや来客なども増え、つい普段食べないものを食べさせたり、おやつを与え過ぎたりしがちです。
その結果、胃腸の調子が乱れ、食欲の低下や下痢・嘔吐などを引き起こすことも。
食事管理には十分に注意しましょう。

<2月>
一年で最も寒いこのシーズンは、空気が乾燥し、咳が出やすい時期でもあります。
心不全からの咳、気管支炎からの咳、原因にかかわらず咳が出る病気は悪化しがちです。
急激な温度差は避け、加湿器などを利用しましょう。
咳が続く場合は早めに医師に相談を。

003_20121126105542.jpg

 外出するときは気をつけて 

<3月>
暖かくなり外出が増えてくるこの時期、ノミ・ダニの動きは活発になり、寄生される機会が多くなります。
ノミは吸血するときの唾液により、かゆみや湿疹、脱毛などのアレルギー反応を引き起こします。
マダニは一度かみついたら離れず、数日間吸血します。
皮膚炎や貧血のほか、バベシア症など命を脅かす病気を媒介することもあります。
早めに予防しておきましょう。

<4月>
犬は尾を振る筋肉が発達していますが、年と共にやせて筋肉と筋肉の間に隙間ができます。
そこへ膀胱や直腸が入り込み、尾の付け根の外側が膨れて尿や便が出にくくなります。
これが会陰ヘルニアです。
高齢の雄犬に多い病気ですが、去勢手術をしていると発症しにくいことが分かっています。
散歩のとき、排便・排尿状態をとく観察してください。

004.jpg

 病気は正しい知識で予防しましょう 

<5月>
人間に比べて体の小さい犬は、ちょっとした病気が命に関わることもあります。
そうなる前に、病気に関する正しい知識の収集と予防が重要です。
予防薬の内服や、狂犬病を含む定期的なワクチン接種を受け、病気を未然に防ぎましょう。

<6月>
狂犬病の予防注射は法律で定められています。
年に一回、必ず受けましょう。
狂犬病は全ての哺乳類に感染し、発症すると100%死に至る恐ろしい病気です。
近年、日本での発生はありませんが、世界中で毎年多くの人が命を落とし、近隣アジア諸国でも多発しています。
より多くの犬が予防注射を受けることによって、狂犬病が日本に侵入した際に蔓延を防ぐことができます。

005_20121126112742.jpg

 夏は危険がいっぱい 

<7月>
暑さが苦手な犬にとって、夏はつらい季節です。
この時期は熱中症に気を付けてください。
散歩は日中の暑い時間を避け、早朝や夕方以降の涼しい時間帯に行きましょう。
室内ではエアコンの使用や窓を開けるなどの工夫をして温度の上昇を防ぎ、水分を十分に与えるようにしましょう。

<8月>
夏は家族と共に外出する機会が多くなります。
散歩をするときは必ずリードを着用し、自動車や自転車に気を付けましょう。
自動車に乗せて移動するときは、窓の開け閉めや乗り降りの際、リードをしっかりと握って急な飛び出しを防ぎましょう。
車の中はあっという間に高温になるので、少しの時間でも閉じ込めないようにしてください。

006_20121126113746.jpg

 秋は病気の予防に大切な季節です 

<9月>
食欲の秋です。
甘くておいしい果物は犬たちも大好きですが、丸のみしたり、種まで食べて食道や腸に詰まったりと、思わぬ事故につながってしまうことがあります。
飼い主の目を盗んで食べてしまわないよう、気を付けてください。
また、果物は糖質が多いため、与え過ぎにも注意が必要です。

<10月>
犬と一緒にアウトドアを楽しみたい季節です。
この時期、まだ蚊は活動していますので、フィラリア対策には継続した予防が必要です。
ノミやマダニへの備えも考えましょう。
野生動物の尿からは、レプストピラ症の感染の危険があります。
ワクチン接種で予防できますので、ワクチンを接種した時期や種類を確認しておきましょう。

007.jpg

 毎日の健康チェックで愛犬を守りましょう 

<11月>
おやつを与え過ぎてはいませんか?
あなたの体重と愛犬の体重を比較し、あなたの体重が犬の10倍ならおやつの量を10倍にして考えてみてください。
びっくりするほど多くはないですか?
おやつは褒めるときに、ごく少量だけ与えるようにしましょう。

<12月>
体重、便、尿、食欲、飲水量、歩く様子など、日ごろから気を付けて観察し、健康状態を把握するようにしましょう。
気になることがあったら早めに医師に相談しましょう。
いざというときに慌てないよう、かかりつけ医を決め、積極的に健康診断を受けることも大切です。

 どうでしたか~すごくためになるカレンダーでしょ。
私は猫のカレンダーではなく、いつも犬のカレンダーをもらうんです
「猫は家にたくさんいるんで、可愛い犬の写真の方がいいです~」って。
でも、こんなにためになることが書かれてあるなら、来年は猫のカレンダーをもらっちゃお~っと

          by まっちゃん


たくさんの人に見ていただきたいと思っています。
お鼻をポチして応援してください!

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私は猫版もらいましたよ。その日連れていったのが猫だったから。(原因不明の血尿仲間になりました)

No title

e-68 cuoraさんへ

毎年、猫のカレンダーを渡されるんですが、いつも「犬がいいです」と犬のカレンダーをもらってるんです(汗)
来年は猫の方をもらっちゃお~っと。
原因不明の血尿仲間に・・・ミドリもずっと血尿出してます。
私の友達のところも、血尿が続き、色んな薬を飲んだり検査したり。
とうとう先生に「ミドリちゃんパターンですね」と言われちゃったとかv-356
迷子札
会員限定企画!
r3.jpg
パンフレット紹介
画像は環境省自然環境局のサイトにリンクしてあります。
ここで全文を読むことができますので、是非、読んでみてください。
r45.jpg

r3.jpg

                  r4.jpg

r2.jpg

r1.jpg

r5.jpg

r6.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

h2506.jpg

ポスター紹介
p3.jpg p1.jpg poster04.jpg
ブロとも一覧
のぞいてみてね。
犬のしつけとドックダンス
見て見て!
犬の訓練、ペットシッター