「Coco幸」は、人と動物が豊かに暮らせるまちづくりを目指す情報ネットワークの会です。
真面目な話から面白い話まで、お役に立つ様々な情報の発信と共有の場です。

「まずは知ってもらうこと」ここからのスタート。
次に「自分たちにできることがあればやってみよう」
そして「人と動物も幸せに暮らせる社会」の実現に近づく。

※関心や興味を共有する情報交換のネット・コミュニティのため申し訳ありませんが動物の預かり、保護依頼は受け付けておりません。

安易に決めないで

26日に起こった事件

ダックスフント27匹遺棄 路上や公園 北九州

 北九州市の公園や路上に、小型のダックスフント計27匹が捨てられていたことが26日、市動物愛護センターへの取材で分かった。
同じ犬種が短期間にこれほど多く捨てられるのは珍しく、センターの担当者は「故意に捨てられた可能性が高い」としている。

 センターによると、10月8日に同市小倉北区の公園と小倉南区の路上で計23匹、17日に門司区の公園で4匹が見つかった。
27匹はミニチュアダックスフントなど。
年齢7~8歳で、人間なら40歳ぐらい。
発見時に首輪もなかったという。

 センターの担当者は「繁殖や販売目的で利用できる年齢ではなく、経営難のペットショップや、飼えなくなった愛犬家が捨てたことも考えられる」と話している。
27匹のうち3匹は発見後に感染症で死亡、18匹は引き取り先が見つかった。
残る6匹は殺処分せず、飼い主や引き取り先が見つかるまでセンターが保護する。

crm12112611050008-n1.jpg
保護されている6匹のダックスフント=26日午前、北九州市小倉北区

そして・・・昨日・・・

<ダックスフント遺棄>24匹が新たな飼い主の下へ 北九州

 北九州市内の公園や路上に捨てられていた小型のダックスフント27匹のうち、市動物愛護センターに保護されていた6匹も27日までに引き取り手が見つかった。
感染症で死んだ3匹以外の24匹が新たな飼い主の下で暮らすことになった。

【飼い主はどこへ…】一報でこの件の流れを詳しく知る 多くのダックスフントの写真も

 愛護センターなどによると、27匹は10月8日~17日、小倉北、南両区や門司区の公園などで相次いで見つかった。首輪は付いていなかった。

 その後、18匹は引き取られたが、3匹が死んだ。
残る6匹がセンターに保護されていた。引き取り手がなければ殺処分するしかなかったが、26日付朝刊の毎日新聞の報道後、センターには全国から約300件の問い合わせがあり、27日までにすべて引き取られた。

 引き取った門司区の主婦(45)は「初めはおびえていたが、落ち着いてきた。
つらい思いをしたと思うのでこれからかわいがりたい」と話した。
2年ほど前から飼っているダックスフント1匹と一緒に育てるという。

 センターの山本康之所長(55)は「繁殖させるブリーダーや個人で多数を飼育している人が捨てた可能性がある。
最後まで責任を持ってほしい」と話した。
【仙石恭、上入来尚】 毎日新聞

早っ   
いや、飼ってくれる人が見つかったのは喜ばしいことです。
300件の問い合わせって・・・
ダックスだから?
報道されたから?
もし、雑種でもこれだけ問い合わせがあったのかなぁ???
手をあげてくださった人が皆そうだとは思いません。
ケチをつけてるつもりもありません。
ただ・・・ついつい考えてしまうんです。

きちんと飼えるかどうか考えて引き取ってくれたと信じたい。
24匹の子が、1匹でも戻ってこないようにと願うのは私だけでしょうか。

「崖っぷち犬」を覚えていますか?

●崖の上で固まってるところを救出された【崖っぷち犬】
(徳島県神山町)

’06年11月、徳島県で高さ40mの崩落防止用コンクリート枠に迷い込んだ犬が、“崖っぷち犬”と呼ばれワイドショーを席巻。
保護されたあとは、抽選で里親に選ばれた60代の主婦が、「リンリン」と名付け飼育していたのだが……。

BKR_120626_05-300x224.jpg
'06年の保護当時。推定生後6か月で、体重は7.7kgとやせていた。
人に対しての警戒心もかなり強かった

この犬、今はどうしているのでしょう。

(日刊SPA!)より
「今は当施設にいます」と教えてくれたのは、徳島県動物愛護管理センターの矢野さやか係長。

「引き取りから1年半経った頃、里親の方の家から逃げ出してしまい再び野犬化。
もう一度保護したんですが、また逃げ出す可能性や里親さんが体調不良になってしまったことも重なったため、当施設で飼育することになったんです」

 なかなか波瀾万丈な人(犬)生。

「今も見知らぬ人に触られそうになると固まって動かなくなるんですが、当施設のスタッフには慣れていて、喜んで散歩にも行きます」

 にしても、野犬だったリンリンは殺処分されたりしないの?

「確かに野犬は殺処分の対象ですし、実際に去年だけでも当施設で1788頭の犬を処分しました。
我々は図らずも有名になったリンリンを飼育することで、リンリンと同じような境遇の犬や猫が年間何千頭と殺処分されているという現実を訴えていきたいんです」

 ペット遺棄はダメ、ゼッタイ!

BKR_120626_04-300x200.jpg
6歳となった現在のリンリン。
体重は13.6kgまで増え、肉付きもよくなっている。
が、いまだ人見知りは激しいとか    (日刊SPA!ここまで)


崖っぷち犬も、たくさんの応募があったと記憶している。

「崖っぷち犬」騒動
24時間態勢で、この救出劇をテレビ中継しているさなか、 崖の上から、この「崖っぷち犬」をジーっと見ていたメス犬の姿も放送された。
「崖っぷち犬」を捕獲する前に、こちらのメス犬も徳島県動物愛護センターに保護された。
「崖っぷち犬」と容貌が類似していたことや、一緒にいた経緯から、おそらく姉妹犬であろうと推定された。

2007年1月「崖っぷち犬」抽選会は大々的に行われた。
「崖っぷち犬」抽選会後、外れた人に、「姉妹犬」はどうですか? と保健所は勧めたが、「姉妹犬」でいいという人は誰もいなかったそうだ。

抽選会の顛末は、若干非難めいたニュアンスで報道され、その結果、「姉妹犬」を飼いたいという希望者が再度殺到。
2007年2月、またも「姉妹犬」の抽選会。
当選した家庭に引き取られたが、2009年8月「飼い主の事情で飼えなくなった」という理由で 動物愛護団体に移動となったそうだ。

有名になった犬と、殺処分になったその他大勢。
「あの犬」じゃなかったら「ただの犬」でしょうか。

          by まっちゃん





たくさんの人に見ていただきたいと思っています。
お鼻をポチして応援してください!

コメントの投稿

非公開コメント

迷子札
会員限定企画!
r3.jpg
パンフレット紹介
画像は環境省自然環境局のサイトにリンクしてあります。
ここで全文を読むことができますので、是非、読んでみてください。
r45.jpg

r3.jpg

                  r4.jpg

r2.jpg

r1.jpg

r5.jpg

r6.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

h2506.jpg

ポスター紹介
p3.jpg p1.jpg poster04.jpg
ブロとも一覧
のぞいてみてね。
犬のしつけとドックダンス
見て見て!
犬の訓練、ペットシッター