「Coco幸」は、人と動物が豊かに暮らせるまちづくりを目指す情報ネットワークの会です。
真面目な話から面白い話まで、お役に立つ様々な情報の発信と共有の場です。

「まずは知ってもらうこと」ここからのスタート。
次に「自分たちにできることがあればやってみよう」
そして「人と動物も幸せに暮らせる社会」の実現に近づく。

※関心や興味を共有する情報交換のネット・コミュニティのため申し訳ありませんが動物の預かり、保護依頼は受け付けておりません。

「飯田のハチ公」新しい家へ

「飯田のハチ公」新しい家へ
      長野県の家族が引き取り


長野県飯田市の山中を通る大平(おおだいら)街道で、十日以上も飼い主を待ち続けていたところを県飯田保健所に保護された犬が二十七日、県内の自営業の男性(58)に引き取られた。
男性は十一月に十六年連れ添った愛犬を亡くしたばかり。
全国的な話題となった街道の犬は、新しい飼い主のもとであたたかい新年を迎える。

飯田保健所は十四日に犬を保護した後、ホームページで公開して飼い主を探したが、連絡はなかった。
このため、二十五日に譲渡希望者の募集を始めたところ、約六十件の問い合わせが殺到。
その日のうちに募集を打ち切り、犬の飼育経験や家庭環境、他のペットの有無などを確認して譲渡先を決めた。

飼い主となった男性は二十七日昼、家族三人で飯田保健所を訪れて犬と対面した。
小木曽悦人食品・生活衛生課長によると、犬は男性の手をなめたり、体にすり寄るなどして甘えていた。
保護されてから体重も増え、健康には問題ないが、当面は室内で飼われる。

犬は体長約六十センチの雑種の雄。
標高約千メートルの大平街道で四日に見つかって以来、雪や雨にさらされても、街道を離れようとしなかった。
街道には水さえなく、心配した人たちが届けた餌で命をつないでいた。

犬を取り上げた本紙の記事はネットを通して全国に広がり、保護された後も、飯田保健所には犬を心配する電話やメールが百件以上も相次いだ。
中には、手づくりの首輪やドッグフードを送ってきた人もいて、新しい飼い主に渡された。

犬が元の飼い主とはぐれたのか、故意に置き去りにされたのかは不明。
小木曽課長は反響の大きさに驚きながら「飼い主を信じて待ち続けた犬の姿が、多くの人たちの心を打ったのだろう。
動物愛護の在り方について、あらためて考えるきっかけにもなったのでは」と話していた。

PK2012122802100066_size0.jpg
寒い大平街道で、飼い主を待ち続けていたところを保護された犬。
新しいご主人と新年を迎える=14日、長野県飯田市の県飯田保健所で

              中日新聞


たくさんの人に見ていただきたいと思っています。
お鼻をポチして応援してください!

コメントの投稿

非公開コメント

迷子札
会員限定企画!
r3.jpg
パンフレット紹介
画像は環境省自然環境局のサイトにリンクしてあります。
ここで全文を読むことができますので、是非、読んでみてください。
r45.jpg

r3.jpg

                  r4.jpg

r2.jpg

r1.jpg

r5.jpg

r6.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

h2506.jpg

ポスター紹介
p3.jpg p1.jpg poster04.jpg
ブロとも一覧
のぞいてみてね。
犬のしつけとドックダンス
見て見て!
犬の訓練、ペットシッター