「Coco幸」は、人と動物が豊かに暮らせるまちづくりを目指す情報ネットワークの会です。
真面目な話から面白い話まで、お役に立つ様々な情報の発信と共有の場です。

「まずは知ってもらうこと」ここからのスタート。
次に「自分たちにできることがあればやってみよう」
そして「人と動物も幸せに暮らせる社会」の実現に近づく。

※関心や興味を共有する情報交換のネット・コミュニティのため申し訳ありませんが動物の預かり、保護依頼は受け付けておりません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



たくさんの人に見ていただきたいと思っています。
お鼻をポチして応援してください!

川西多頭飼育崩壊

川西の多頭飼育崩壊事前に防げなかったのか?

行政は、指導を繰り返しておられました。
それで、改善できる飼い主ならこのような問題にならなかったでしょう。
できる範囲には、限度があるのわかりますが、次の手立てはなかったのでしょうか?

ここまで問題が大きくなるまでに対処できなかったかと残念に思います。
最初の段階で不妊去勢手術をしていれば60匹まで猫の数は増えなかったでしょう。

多頭飼育崩壊の現場は、どこも同じようにすさまじい状態だそうです。
近隣住民にも糞尿の臭いや泣き声で負担をかけます。
市が市営住宅ということで最終手段として退去をせまり、問題が明るみにでました。

しかし、飼い主の生活環境が改善されたわけでもなく、40匹に及ぶ猫の問題が解決されたわけでもありません。

市に問い合わせお返事いただいたのは、住宅課からでした。
動物担当の方、高齢者支援や福祉関係の担当の方から協力を頂き多方面から取り組むことは、できなかったのかと思います。

重ねてその辺りのことを川西市にご質問させていただいてますが、お返事がかえってきていません。

今回の事件では、川西市は行政としてどのような取り組みをされたのでしょうか?
2年前から糞尿の悪臭の問題は市営住宅の住民から苦情としてでていたと書いてありました。
その時は対処されたのでしょうか?
また、現在猫の飼育に関する費用、譲渡のための活動はどのようなことをされているのでしょうか?

と川西市にメールしました。 

ご質問につきまして、お答えいたします。

川西市は行政としてどのような取り組みをしているかとのご質問ですが、今回の件につきましては市営住宅の入居者が起こしたことであり、飼い主である入居者が解決すべき事案であると考えております。

それを前提に市でお手伝いをしておりますことは、取り壊すために空家となっている市営住宅の部屋を一時的な猫の収容先として提供しています。
また、里親さがしのチラシを川西市内の広報板に張っている状況です。

また、2年前の苦情の対応については、早急に手術、里親さがし等行うように指導し、以後、状況確認のため何度も自宅を訪問しましたが改善が見られませんでした。

最終的に、明け渡し手続きに入る旨伝えたところ、飼い主が愛護団体に相談し、現在、前述しました空き部屋において、愛護団体の皆さんが飼育している状況となっております。
参考までに新聞のコピーを添付させていただきます。

  川西市 都市整備部 土木・住宅管理室 住宅課

 「川西TNR・地域ねこの会」をブログにのせておられた議員さんあてにもメールしてみました。

 私たちの会もこのような場合の対処と未然に防ぐための手だてを検討したいと考えております。
できましたら、どの様な取り組みをされ、解決に向かうように活動をされているのかご教授頂けれないでしょうか。

 川西市で発生した、ねこの多頭飼育の件についてですが、保護された猫たちは、現在も老朽化した市営住宅で里親を待っている状況です。
今回の件は、市営住宅内で多頭飼育が発生したということもあり、市と川西市の動物愛護団体(川西TNR・地域ねこの会)が連携して、市営住宅の空き家を活用し、一時保護をし、里親探しを進めているというものです。

最終的な解決はまだ先ですが、TNR・地域ねこの会の皆様も毎日、里親探しとお世話に励んでおられます。
詳しい状況については、お電話くださればお答えさせていただきます。
よろしくお願いいたします。

 兵庫県愛護センターにも聞いてみました。

 動愛法改正に関連する当県の施策制定については、県庁の担当課が検討を開始したところです。
従って、具体的な内容等については当所でもまだわかりません。

また、川西市内の市営住宅における猫の多頭飼育の件については、当所も新聞等で報道されている内容以上の詳細等は探知していません。

ご存知のとおり、現段階では動物愛護団体と川西市役所の協力により、譲渡をすすめている状況と認識しています。

以上のような(乏しい)内容でよろしければ、当所にお越しいただき、直接お話しすることも可能ですので、ご検討ください。

t01330106_0133010612351961006.jpg

動物愛護法が改正され、都道府県知事は犬猫等を多頭飼育している一般飼育者に対して、条例によりその飼育状況等について届出させることができると明記されています。

また、生活環境がそこなわれている事態について、騒音または悪臭の発生、動物の毛の飛散、多数の昆虫の発生、といった記述を追加し、勧告や命令の判断をより明確化できるように配慮されています。

さらに、多数の動物の不適切な飼養によって、動物が衰弱する等の虐待につながるおそれのある場合についても、都道府県知事はその飼養者に対して改善勧告や命令をすることができるとされました。

この様に改正された中で川西市の多頭飼育崩壊は、モデルケースになるような典型的な例だと思います。

もし、身近でこのような問題がおこった場合どのように解決していけばよいのか考えておきたいと思います。

         by mamara


たくさんの人に見ていただきたいと思っています。
お鼻をポチして応援してください!

コメントの投稿

非公開コメント

迷子札
会員限定企画!
r3.jpg
パンフレット紹介
画像は環境省自然環境局のサイトにリンクしてあります。
ここで全文を読むことができますので、是非、読んでみてください。
r45.jpg

r3.jpg

                  r4.jpg

r2.jpg

r1.jpg

r5.jpg

r6.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

h2506.jpg

ポスター紹介
p3.jpg p1.jpg poster04.jpg
ブロとも一覧
のぞいてみてね。
犬のしつけとドックダンス
見て見て!
犬の訓練、ペットシッター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。