「Coco幸」は、人と動物が豊かに暮らせるまちづくりを目指す情報ネットワークの会です。
真面目な話から面白い話まで、お役に立つ様々な情報の発信と共有の場です。

「まずは知ってもらうこと」ここからのスタート。
次に「自分たちにできることがあればやってみよう」
そして「人と動物も幸せに暮らせる社会」の実現に近づく。

※関心や興味を共有する情報交換のネット・コミュニティのため申し訳ありませんが動物の預かり、保護依頼は受け付けておりません。

コミュニティ

 cuora さんのブログより

近所のお爺さんがペットショップで柴犬を買った。
狭い地域の狭い人間関係なので筒抜けである。
それだけならいいんだけど、爺さん(婆さんも)は今まで犬を飼っても獣医に連れて行ったことがなく、見かねた近所の人がフィラリアの薬を買ってくるというような有様で、口でいうほど犬が好きなわけではなく、爺さんにいたっては犬が苦手で触れなかったのだ。
それが、余命少ない婆さんの慰めになればと爺さんが犬を買ったらしい。

なので、近所では「よくよく観察して、飼育放棄していたらすぐ保健所に指導に来てもらう(世間体を重んじる人なので役場のいうことは聞くだろう)」とか対策を練っていたのだが…

なんと、爺さんは犬と寝ているらしい!
このまま真の犬好きになってくれることを祈るが、今までが今まで(犬以外のことも諸々)なので信じられない。

でもまぁ「クリスマス・キャロル」というお話もあることだし、しばらく様子見。
爺さん、多くは望まない。
方法も問わない。
心からその柴犬を可愛がってくれたらそれでいいわ。

「**百貨店の**(地元では格式高いペットショップ)の犬やし、柴犬は絶大な人気やから、飼育放棄したら里親募集やな」というとこまでご近所の人が考えているとは、爺さんは知らない。


川西の多頭飼育崩壊のことを考えていて思った。
ご近所さん・・・ここの段階で対処できればいいよね

高齢化が進み、これから起こりうる独居老人のペット問題。
これも例えばヘルパーさんやご近所さんから情報を事前に吸い上げるシステムとかあればな~って思う。

        by まっちゃん


たくさんの人に見ていただきたいと思っています。
お鼻をポチして応援してください!

コメントの投稿

非公開コメント

迷子札
会員限定企画!
r3.jpg
パンフレット紹介
画像は環境省自然環境局のサイトにリンクしてあります。
ここで全文を読むことができますので、是非、読んでみてください。
r45.jpg

r3.jpg

                  r4.jpg

r2.jpg

r1.jpg

r5.jpg

r6.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

h2506.jpg

ポスター紹介
p3.jpg p1.jpg poster04.jpg
ブロとも一覧
のぞいてみてね。
犬のしつけとドックダンス
見て見て!
犬の訓練、ペットシッター