「Coco幸」は、人と動物が豊かに暮らせるまちづくりを目指す情報ネットワークの会です。
真面目な話から面白い話まで、お役に立つ様々な情報の発信と共有の場です。

「まずは知ってもらうこと」ここからのスタート。
次に「自分たちにできることがあればやってみよう」
そして「人と動物も幸せに暮らせる社会」の実現に近づく。

※関心や興味を共有する情報交換のネット・コミュニティのため申し訳ありませんが動物の預かり、保護依頼は受け付けておりません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



たくさんの人に見ていただきたいと思っています。
お鼻をポチして応援してください!

犬の誤飲事故を防ごう

夜間救急で動物病院を訪れるケースの14%が誤飲事故だということ、みなさんご存知ですか?
大事に至らないまでも、愛犬が誤飲してしまったという経験がある方は数多くいらっしゃるのではないかと思います。
どの犬にも起こり得る可能性がある誤飲事故。

誤飲とは?

食べてはいけないものを誤って飲んでしまう事故、誤飲。
犬の誤飲は大きく3つに分けられるといいます。
ひとつは思わぬものを食べてしまうこと。
たとえは人の子どもと同じように、電池やペットボトルのキャップなど明らかに飲み込んではいけないものを食べてしまうことです。
ふたつ目は、人が口にする物を食べてしまうこと。
これは人の子どもと異なり、たとえば犬にとって有毒なチョコレートやタマネギなどが挙げられます。
そして最後には、食べても良いものを食べてしまうこと。
食べて良いものなのに誤飲?と思われるかもしれませんが、それは、形状の大きな果物や野菜を食べた時に食道に詰まってしまうといったケースです。

犬たちはどのようなものを誤って食べてしまっているのでしょうか?

夜間病院来院の誤飲ランキングは以下のようになっているそうです。

1位 人体薬
2位 チョコレート
3位 とり骨
4位 つまようじ、竹串
5位 ネギ類


誤飲に対する処置

処置の第一段階は共通していて、催吐処置。
(竹串やとりの骨などとがったものなどの場合には、胃や食道などを突き破ったり傷つけたり、詰まったりという危険性がある)
毒物の誤飲の場合には、麻酔をかけて胃洗浄。
大きいものや詰まってしまったものを取り出すための最終手段が、開腹手術。

middle_1297554845.jpg

2011年2月に、里親募集のお手伝いをしていたこのワンちゃんですが、なんと竹串を飲みました

お世話してる人から連絡があって、すぐに近くの病院に行ったんですが「竹串はレントゲンに写らないし、うちでは処置できません」と言われ・・・
時間はもうすぐお昼の12時(たいていの病院は閉まってしまう)。
いつもお世話になっている病院に電話をし、無理を言って診ていただくことになりました。
急きょ、あま猫さんに車を出してもらって病院に

お世話してる人の話だと、唐揚げ3つが刺してある竹串を、丸飲み。
犬は食べた後も、診察中も、どこも痛がるでも異変もなく元気。

本当に飲んだのか?
唐揚げ3つと竹串を丸飲みするって可能なのか?

しかし、刺さる可能性のある竹串なので、様子見はできない。
一か八か吐かせてみるか・・・けれど吐く時に食道や器官に刺さるかもしれない・・・じゃあ開腹手術に踏み切るか・・・

「よし!吐かせる!」と先生。

何かあってもきっと先生なら何とかしてくれる。
そんな思いから「お願いします」

注射をして1分ほどで、犬は吐きはじめた。
まずは大量のドックフード。
先生は素手で吐いたものの中をまさぐり竹串を探す。

「ないですね」

再び嘔吐。
次に出たのは複数の白い固まり。
「これは何なんでしょうか?」と先生。

「はんぺんです」とお世話の人。
一同・・・唖然。

また嘔吐。
唐揚げが3つ。
竹串はない。

唐揚げが3つ出たことから、竹串の信憑性が増し、開腹手術となった。
お腹を開け、胃袋をそっと手で押しながら確認する先生。

「あったー!」

竹串が通る、小さな穴を胃に開けて、ス~っと出した。

middle_1298639590.jpg

こういう竹串が1本、胃から摘出されました。
先生の機転で、胃を大きく切開することなく、点ほどの穴ですみました。

middle_1299065663.jpg

その後、里親さんが見つかって、カラーをつけたまま幸せゲット。
川西のお家の子になりました。

誤飲の危険は身近なところに

私たちの生活環境の中に普通に存在しているものがたくさん。
まずとても危険なものに、"ひも状"の異物があげられるそうです。
ハムのタコ糸、ビニール袋、ぬい糸などがあるのですが、これらの物がとても危険な理由は、一度食べ始めると止められないこと、そして、小腸に詰まると腸をたぐりよせてしまい、最悪引きちぎってしまうことがあるそうなのです。

続いて危険なものには、高級ティッシュやウエットティッシュ、ペットシーツ。
さらに梅干しや桃の種、トウモロコシの芯などといった果物や野菜の種、芯も危険です。
これらの物は、犬がいつ食べたのか気づきにくいこと、そして表面構造がざらざらしているため、腸の表面を削りながら進んでいき、腸の中に停滞してしまい、結果、腸閉そくを起こしやすいからだそうです。

散歩中の草や石。
大量に草を食べると腸を詰まらせることもあり、また、石は胃に停滞して慢性嘔吐の原因ともなります。

身近にあるものが大事故に繋がる可能性があるんですね。

         by まっちゃん


たくさんの人に見ていただきたいと思っています。
お鼻をポチして応援してください!

コメントの投稿

非公開コメント

No title

先々代のラブは、いただきものの桃の箱を開けて3個種ごと丸のみして4個目を食べているところに帰宅。獣医で粗塩を流し込んだところ見事に吐きました。箱に入っていた保冷剤、犬用オヤツを袋ごと、等やらかしましたが、最大のピンチは未開封の20キロ入りドライフードを開けてたらふく食べて水をがぶ飲みして胃のなかで膨らんだとき。入院しました。とくに洋犬は満腹中枢がおかしな犬種もいるので要注意です。

No title

やってくれますね(⌒-⌒; )
迷子札
会員限定企画!
r3.jpg
パンフレット紹介
画像は環境省自然環境局のサイトにリンクしてあります。
ここで全文を読むことができますので、是非、読んでみてください。
r45.jpg

r3.jpg

                  r4.jpg

r2.jpg

r1.jpg

r5.jpg

r6.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

h2506.jpg

ポスター紹介
p3.jpg p1.jpg poster04.jpg
ブロとも一覧
のぞいてみてね。
犬のしつけとドックダンス
見て見て!
犬の訓練、ペットシッター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。