「Coco幸」は、人と動物が豊かに暮らせるまちづくりを目指す情報ネットワークの会です。
真面目な話から面白い話まで、お役に立つ様々な情報の発信と共有の場です。

「まずは知ってもらうこと」ここからのスタート。
次に「自分たちにできることがあればやってみよう」
そして「人と動物も幸せに暮らせる社会」の実現に近づく。

※関心や興味を共有する情報交換のネット・コミュニティのため申し訳ありませんが動物の預かり、保護依頼は受け付けておりません。

川西多頭飼育崩壊

年末に再度川西市に問い合わせをしました。


市外からの問い合わせにもかかわらず、丁寧にご返答頂きありがとうございます。
申し訳ありませんが、もう少し、ご教授下さい。
川西の今回の多頭飼育の問題は、住宅管理課からご返答を頂いたということは、市営住宅の入居者が市営住宅の動物の飼育はいけないという規則に違反したため、指導されたという事でしょうか?
2年前から何度も指導され改善されなかったという事ですが、入居者が改善できる方であれば、このような事にはならなっかたと思いますし、その他の手だてはなかったのでしょうか?
入居者(飼い主)の生活自身に問題を抱えておられる気がします。
それに、猫数十匹の不妊去勢手術であれば金銭的にも負担が大きく困難であることはわかります。
もし、これが持ち家であれば、近隣からの苦情を受けても市は、指導に入る事はできないのでしょうか?

動物愛護法が改正され、都道府県知事は犬猫等を多頭飼育している一般飼育者に対して、条例によりその飼育状況等について届出させることができると明記されました。
また、生活環境がそこなわれている事態について、騒音または悪臭の発生、動物の毛の飛散、多数の昆虫の発生、といった記述を追加し、勧告や命令の判断をより明確化できるように配慮されています。
さらに、多数の動物の不適切な飼養によって、動物が衰弱する等の虐待につながるおそれのある場合についても、都道府県知事はその飼養者に対して改善勧告や命令をすることができるとされました。
この様に改正された中で川西市の多頭飼育崩壊は、モデルケースになる例だと思います。
行政の仕組みがわからないのでお尋ねしたいのですが、この様な愛護法を使い改善勧告や命令をだされるのは、兵庫県動物愛護センターになるのでしょうか?
勧告や命令をだされたとしても従わなければ手だてはないという事でしょうか?
未然に防ぐための手だてはないでしょうか?
お忙しいところと思いますが、ご教授頂ければありがたいです。
Coco幸

t02200292_0536071212375672316.jpg

 他所管にも関係することから、回答が遅れましたことをお詫び申し上げます。
Coco幸様からいただきました、ご質問につきまして、お答えいたします。
まず、市営住宅入居者に対する指導についてですが、市営住宅の入居者が猫を飼育していたことに起因する悪臭により近隣住民に迷惑をかけていたことから、別の飼い主を探すなど改善するよう指導していました。
しかし状況が改善しなかったため、川西市市営住宅の設置及び管理に関する条例で禁止している迷惑行為に該当すると判断し明渡手続きをする旨伝えていたところであります。
次に、それまでの手だてについての市営住宅管理者としての認識は今回の問題は入居者が対応すべきものであり、市は条例に基づき対応していくべきであるとの考えであります。
次に、愛護法の運用についてのご質問ですが、所管課の美化業務課に問い合わせたところ、ペットショップやブリーダーに対する立入検査は、兵庫県動物愛護センターが改善勧告などをすることとなっており、各市町におきましては、市域内での勧告の際、県に同行し現場に出向いているとのことでした。

う~ん、ほしい返答は得られずです。

t02200263_0589070312375671897.jpg



たくさんの人に見ていただきたいと思っています。
お鼻をポチして応援してください!

コメントの投稿

非公開コメント

迷子札
会員限定企画!
r3.jpg
パンフレット紹介
画像は環境省自然環境局のサイトにリンクしてあります。
ここで全文を読むことができますので、是非、読んでみてください。
r45.jpg

r3.jpg

                  r4.jpg

r2.jpg

r1.jpg

r5.jpg

r6.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

h2506.jpg

ポスター紹介
p3.jpg p1.jpg poster04.jpg
ブロとも一覧
のぞいてみてね。
犬のしつけとドックダンス
見て見て!
犬の訓練、ペットシッター