「Coco幸」は、人と動物が豊かに暮らせるまちづくりを目指す情報ネットワークの会です。
真面目な話から面白い話まで、お役に立つ様々な情報の発信と共有の場です。

「まずは知ってもらうこと」ここからのスタート。
次に「自分たちにできることがあればやってみよう」
そして「人と動物も幸せに暮らせる社会」の実現に近づく。

※関心や興味を共有する情報交換のネット・コミュニティのため申し訳ありませんが動物の預かり、保護依頼は受け付けておりません。

センターに行ってきました

昨日は mamara さんと尼崎市動物愛護センターに行きました。
センターのT氏に、収容動物の譲渡について少しお話を伺いました。

収容動物の譲渡目的は、ただ単に目の前の子を助けるだけだとは思いません。
やはり、適正飼育の模範となるような飼い主さまにお譲りすることで、地域における正しい愛護活動を普及させることが大切だと思います。

また、センターに収容されている犬猫は、前歴が分からない子もいるので、何でもかんでも里親さんに託すというわけにもいかないと思います。
特に猫と違って犬の場合は、慎重にならざるをえないと思います。

官と民の協働

協働することで、役所の事情や、できる・できないがわかってきます。
何も知らずに、役所ができないことを一方的に要望したり、批判するよりも相手の立場を理解した上で、提案をする方が私達の思いをかなえる早道かと考えます。

足りないところを批判するだけなら簡単。
でも、それじゃあ何の解決にもならないし、先に進めません。

不妊・去勢手術の助成金制度がない自治体もまだまだ、たくさんあります。
そんな中、尼崎市では「動物愛護基金」を創設しました。

o0480064012288716668.jpg

寄付金の使途は、
「野良猫の不妊手術費用の助成」
「犬・ねこの適正飼養に係る普及啓発の取り組み」
「犬・ねこの殺処分数ゼロを目指すための取り組み」

尼崎市の進み方は、すごいと思います

T氏と、イベントについても話をしました。

       by まっちゃん







たくさんの人に見ていただきたいと思っています。
お鼻をポチして応援してください!

コメントの投稿

非公開コメント

迷子札
会員限定企画!
r3.jpg
パンフレット紹介
画像は環境省自然環境局のサイトにリンクしてあります。
ここで全文を読むことができますので、是非、読んでみてください。
r45.jpg

r3.jpg

                  r4.jpg

r2.jpg

r1.jpg

r5.jpg

r6.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

h2506.jpg

ポスター紹介
p3.jpg p1.jpg poster04.jpg
ブロとも一覧
のぞいてみてね。
犬のしつけとドックダンス
見て見て!
犬の訓練、ペットシッター