「Coco幸」は、人と動物が豊かに暮らせるまちづくりを目指す情報ネットワークの会です。
真面目な話から面白い話まで、お役に立つ様々な情報の発信と共有の場です。

「まずは知ってもらうこと」ここからのスタート。
次に「自分たちにできることがあればやってみよう」
そして「人と動物も幸せに暮らせる社会」の実現に近づく。

※関心や興味を共有する情報交換のネット・コミュニティのため申し訳ありませんが動物の預かり、保護依頼は受け付けておりません。

猫白血病ウイルス感染症

猫白血病ウイルス感染症とは、猫白血病ウイルス (FeLV)を原因とする猫の感染症です。

猫白血病ウイルス(FeLV)はレトロウイルス科ガンマレトロウイルス属に属するRNAウイルスで、このウイルスは感染している猫の唾液(もしくは涙、尿、便、血液、乳汁)に含まれており、口や鼻の中から感染したり(経口感染・経鼻感染という)、母猫が子猫を産む際にも感染したりします(垂直感染)。
しかし人間や犬などの猫以外の動物には感染しないことがわかっています

猫白血病ウイルス感染症の症状には以下のようなものがあります。
ウイルスが猫に感染すると、骨の中に含まれる骨髄(こつずい)という部分で増殖します。
骨髄では主に体内の血液を作っていますので、結果的に赤血球(全身に酸素を運ぶ)や白血球(体内に侵入した異物を除去する=免疫反応をつかさどる)、血小板(出血場所を止血する)などの減少や異常増殖を引き起こします。

 猫白血病ウイルス感染症の主な原因
接触感染  猫白血病ウイルス(FeLV)の主な感染経路は、ウイルスに感染した猫の唾液が他の猫の口から体内に侵入するという経路です。
放し飼いをしている猫の場合はケンカを通して、そして室内で猫を多頭飼いしている家庭では、猫同士がお互いがなめ合ったり食器を共有することによって感染します。
母猫が子猫をなめてウイルスを移してしまうというケースもあります。

 症状
そのまま症状を発現することなく寿命を迎える猫もいますが、中には感染後、数年でリンパ腫や白血病などの腫瘍性疾患を発症する猫もいます。
また、FeLVに骨髄が侵された場合には、再生不良性貧血や白血球減少症などを生じ、免疫力が低下します。
このため、貧血にともなう諸症状(疲れやすい、食欲がない、舌が白いなど)や日和見感染を起こしやすくなり、トキソプラズマ症やクリプトコッカス症、ヘモバルトネラ症に感染したり、口内炎、皮膚炎、鼻炎、下痢といった症状が見られるようになります。
このほか、FeLV感染によって糸球体腎炎を起こし、腎不全を生じて、多飲多尿、食欲不振、体重の減少などが見られることもあります。
メス猫が感染している場合は、流産や死産などが起こったり、生まれた子猫が早期に死亡する場合があります。

DSCN7701_15288.jpg

 治療
猫白血病ウイルスを退治する確かな治療法はありません。
猫白血病ウイルス感染症にともなって様々な症状が現れるため、それぞれの症状にあわせて、インターフェロンや抗生物質、抗がん剤などを使用した対症療法を行います。

うちのタマちゃんは白血病キャリアです。
飼い主に飼育放棄され、センターに連れて行かれそうになり・・・
それを聞いて保護した人がいたものの、置いておけなくなったから外に放すというのでうちで引取ました。
元飼い主はタマを外に出していたので、それで感染したのかもしれません。

平成22年4月21日、うちの子になったタマ
この時、2歳くらいと言われていたので、もうすぐ5歳ってとこかな。
進行性網膜萎縮症により目も見えないタマです。
だけど、生活に何ら支障はありません。

昨年、ヨダレが出るようになり(口内炎)、それからはヨダレが出てご飯の食べが落ちると、オンシオールを飲ませています。
私が願うのは、タマのゴキゲンな毎日が1日でも長くということ

         by まっちゃん


たくさんの人に見ていただきたいと思っています。
お鼻をポチして応援してください!

コメントの投稿

非公開コメント

迷子札
会員限定企画!
r3.jpg
パンフレット紹介
画像は環境省自然環境局のサイトにリンクしてあります。
ここで全文を読むことができますので、是非、読んでみてください。
r45.jpg

r3.jpg

                  r4.jpg

r2.jpg

r1.jpg

r5.jpg

r6.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

h2506.jpg

ポスター紹介
p3.jpg p1.jpg poster04.jpg
ブロとも一覧
のぞいてみてね。
犬のしつけとドックダンス
見て見て!
犬の訓練、ペットシッター