「Coco幸」は、人と動物が豊かに暮らせるまちづくりを目指す情報ネットワークの会です。
真面目な話から面白い話まで、お役に立つ様々な情報の発信と共有の場です。

「まずは知ってもらうこと」ここからのスタート。
次に「自分たちにできることがあればやってみよう」
そして「人と動物も幸せに暮らせる社会」の実現に近づく。

※関心や興味を共有する情報交換のネット・コミュニティのため申し訳ありませんが動物の預かり、保護依頼は受け付けておりません。

猫伝染性腹膜炎(FIP)

ウィルスが猫の体内で突然変異し、血管に炎症を起こします。
炎症が多臓器に及び様々な疾患を引き起こす恐ろしい病気で、不治の病と言われています。
(FIPとは、Feline Infectious Peritonitisの略)

 原因
コロナウィルスが原因ですが、発症の経緯が他のウィルスとは異なります。

1.接触感染でコロナウィルスに感染
コロナウィルスは多くの猫がすでに感染しているものと思われます。
このウィルスはほとんど無症状、時に消化器疾患を発症する程度でたいして怖いものではありません。
感染経路は接触感染で、猫同士が舐め合うなどして感染します。
空気感染するとは考えられていません。

2.コロナウィルスが猫の体内で突然変異
猫の体内にあるコロナウィルスが、ある日突然変異してFIPウィルスになります。
一度変異したウィルスは元に戻ることはありません。
ウィルス変異のきっかけはストレスが関与するのではないかと考えられています。

3.ストレスの原因は多頭飼い
FIPに突然変異するきっかけとしてあげられるストレスは主に多頭飼いだと言われています。
テリトリー意識の強い性質から他の猫の存在が自分のテリトリーをおびやかすストレスになると考えられています。
以前は、多頭飼いの環境でFIPがよく発症するのはウィルスが伝染するためと考えられていました(それで伝染性腹膜炎という名前がつきました)。
しかし、FIP発症率を多頭飼いの場合と単頭飼いの場合で比較すると、多頭飼いの方が異常に高い確率であることがわかりました。
2頭目を飼育し始めたら、翌月に先住猫がFIP発症というパターンがとても多く見られます。
これは2頭目がウィルスを持ち込むのではなく、ストレスをかけた為と考えられます。

4.発症の年齢分布
生後1年以内での発症がもっとも多く、壮年期にはあまり見られません。
老齢になるとまた発症率が上昇します。

 症状
血管炎が起こるので、症状は全身の臓器に現れます。
代表的な症状は3つあります。

1.腹水の貯留
お腹に水が溜まります。胸に胸水として溜まる場合も多いです。
腹または胸にお水が溜まるタイプはウェットタイプと呼ばれます。
体液の貯留を認めないものはドライタイプと呼ばれます。

2.高熱

3.黄疸
地肌(毛の無い部分)・猫の白目の部分などが黄色くなります。
また尿が山吹色になります。

4.その他の症状
目に炎症が認められる猫もいますが、必ずでるものではありません。
血管炎から多臓器が同時に障害をうけるので、慢性下痢、嘔吐、腎不全(脱水・痩せる・多飲多尿)や肝不全(嘔吐、神経症状)、呼吸器症状(息が上がる)など様々な症状がでます。

middle_1256298674.jpg

平成22年5月23日にFIPで亡くなったビビです。
1歳になったばかりでした。
いつもより大人しい、食欲が落ちた・・・それで病院に行きました。
いろんな検査を受けて、FIPである可能性が高いと言われ、すぐにステロイドで免疫抑制をかけました。
けれど、病気の進行の方が早く、どうすることもできませんでした。

FIPと診断されてから2週間ももちませんでした。
ビビは腹水が溜まるウエットタイプでした。

FIPの発症率は5-10%だと言われていますが、私個人としてはもっと多いように思います。
私の回りでもFIPで愛猫を亡くした人が多いからです。
また、同腹の血縁ネコが遺伝的に発症しやすいと考えられると思います。
多頭飼いによるストレスと言われるけれど、ワクチンとか不妊手術後に発症するケースも耳にします。

         by まっちゃん


たくさんの人に見ていただきたいと思っています。
お鼻をポチして応援してください!

コメントの投稿

非公開コメント

迷子札
会員限定企画!
r3.jpg
パンフレット紹介
画像は環境省自然環境局のサイトにリンクしてあります。
ここで全文を読むことができますので、是非、読んでみてください。
r45.jpg

r3.jpg

                  r4.jpg

r2.jpg

r1.jpg

r5.jpg

r6.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

h2506.jpg

ポスター紹介
p3.jpg p1.jpg poster04.jpg
ブロとも一覧
のぞいてみてね。
犬のしつけとドックダンス
見て見て!
犬の訓練、ペットシッター