「Coco幸」は、人と動物が豊かに暮らせるまちづくりを目指す情報ネットワークの会です。
真面目な話から面白い話まで、お役に立つ様々な情報の発信と共有の場です。

「まずは知ってもらうこと」ここからのスタート。
次に「自分たちにできることがあればやってみよう」
そして「人と動物も幸せに暮らせる社会」の実現に近づく。

※関心や興味を共有する情報交換のネット・コミュニティのため申し訳ありませんが動物の預かり、保護依頼は受け付けておりません。

お願いです

どこからどう書いたらいいのか・・・
尼崎で、えらいことが起きました。

はじめ数匹だった猫が昨年15匹に
そして今年・・・

先月2匹のメス猫が出産。
しかも8匹ずつなので16匹

今月、2匹のメス猫が出産。
5匹と6匹。

先月16匹に今月11匹ってことは・・・

27匹の赤ちゃん猫

詳しくはこちらをご覧ください
        
ヨイチ~長毛黒猫のスーパーサポート日記~

3月5日産まれの赤ちゃん猫2匹が、大人猫に齧り殺されました。
なので、25匹の赤ちゃん猫です。

子猫を迎えたいという里親希望の方がおられたので、今日、赤ツナギさんにお見合いをセッティングしてもらいました。
2匹の赤ちゃんを失ったお母さん猫と赤ちゃん3匹を見せてもらいました。

2013031314470002.jpg

赤ちゃんは3月5日生まれで、生後8日です。
写真の子は180グラム。
目があきかけです。

見せてもらって一番驚いたのは、お母さん猫が小さかったこと。
昨年の秋に生まれた子だそうです。
てことは、お母さんは生後半年。
悲しくなりました

なぜ、こんな事になったのでしょうか。

不妊手術を怠ったからです。

1年で15匹に、次の年には40匹になるのです

不妊手術を怠ると、こうなるのです。
これは適正飼育とはいえません。
飼い主さんは猫が好きで、愛情は注いでいたそうですが、無責任な愛情の結果がコレです。

どうか、飼えないのであれば、責任が持てないのであれば不妊手術をしてください。

現在、赤ツナギさんが不妊手術を進めていってくれています。
金銭的にきついという飼い主さんを待っていられないので、お金を立て替えてまで進めてくれています。
生まれてしまった子猫についても、今後引き上げて里親募集をするそうです。

まだ大丈夫と思っていても、生後6か月で赤ちゃんを産むのです。
もし、まだ不妊手術をしていない飼い主さんがいたら、そしてノラ猫にエサをあげている人がいたら、どうか不妊手術をお願いします。

           by まっちゃん


たくさんの人に見ていただきたいと思っています。
お鼻をポチして応援してください!

コメントの投稿

非公開コメント

迷子札
会員限定企画!
r3.jpg
パンフレット紹介
画像は環境省自然環境局のサイトにリンクしてあります。
ここで全文を読むことができますので、是非、読んでみてください。
r45.jpg

r3.jpg

                  r4.jpg

r2.jpg

r1.jpg

r5.jpg

r6.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

h2506.jpg

ポスター紹介
p3.jpg p1.jpg poster04.jpg
ブロとも一覧
のぞいてみてね。
犬のしつけとドックダンス
見て見て!
犬の訓練、ペットシッター