「Coco幸」は、人と動物が豊かに暮らせるまちづくりを目指す情報ネットワークの会です。
真面目な話から面白い話まで、お役に立つ様々な情報の発信と共有の場です。

「まずは知ってもらうこと」ここからのスタート。
次に「自分たちにできることがあればやってみよう」
そして「人と動物も幸せに暮らせる社会」の実現に近づく。

※関心や興味を共有する情報交換のネット・コミュニティのため申し訳ありませんが動物の預かり、保護依頼は受け付けておりません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



たくさんの人に見ていただきたいと思っています。
お鼻をポチして応援してください!

撃沈した話

撃沈した話です。

mamaraさんは兵庫県動物愛護センター施設内へのドッグラン設置と、兵庫県動物愛護センターの犬猫の譲渡についての注意事項を外してほしいという2つの陳情を出していました。
8月18日(金)10時に県のセンターの方が来てくれることに。

どう話を進めようか~とmamaraさん宅にて9時から二人で作戦会議。
気分はこんな感じでしょうか。

  MH900391024.jpg

県のセンターより、副所長と企画課の課長補佐の二名が来てくれました。

ドッグランについては、施設を設置するとトラブルが起こる可能性があり、適性飼育、模範飼育を指導している愛護センターではそういうことは望ましくない。という事でした。

撃沈

手元にドッグランと書かれた分厚いファイルを置かれ、宝塚ガーデンのドッグランや他もいくつか見学に行かれた事も聞きました。
河川敷は南阪神土木局の管轄であり、建物ができた時は、尼崎市土木局の管理になるということで、とても煩雑な事になるとの話も聞き、充分調べていただいたんだと分かりました。

次に、犬ねこの譲渡についての話
犬ねこの譲渡には条件があります。
それはどこでもあるんあだけど、県の方はホームページに注意事項として
・一人暮らしの方、転居の予定がある方には譲渡できません
さらに赤字で大きくすでに犬または猫を飼っておられる方への同種の動物の譲渡(2頭目となる場合)は、原則、行っていません
と書いてあるんです。

殺処分を減らすために、ここは何とかならないのかとmamaaさんと抵抗してみました。

撃沈

県の譲渡は殺処分の数を減らすための譲渡ではないんです。
犬または猫の模範的な飼い主を、県下に広めることを目的とした譲渡なのです。

でも・・・でも・・・と抵抗を続けましたが、やはり適正飼育の模範となっていただける方への譲渡という県の基本的なスタンスの壁は厚かった。
しかし、猫については2頭目となる譲渡の検討の余地があるとの回答をいただきました。

「適正飼養」
これに尽きる!という話でした。

  873b98f67165ac1842b4ba7ebb9b4bfb-770x577.jpg

県と市の違いを知ったのでありました。
県の方が帰られたあと、「違いを分かったうえで何ができるのか、どう訴えていかなきゃいけないのか考えなきゃいけないね~」とmamaraさんと意見は一致。

(イメージ画像・・・私はオッサン化してるので左です)

                   by まっちゃん


たくさんの人に見ていただきたいと思っています。
お鼻をポチして応援してください!

コメントの投稿

非公開コメント

迷子札
会員限定企画!
r3.jpg
パンフレット紹介
画像は環境省自然環境局のサイトにリンクしてあります。
ここで全文を読むことができますので、是非、読んでみてください。
r45.jpg

r3.jpg

                  r4.jpg

r2.jpg

r1.jpg

r5.jpg

r6.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

h2506.jpg

ポスター紹介
p3.jpg p1.jpg poster04.jpg
ブロとも一覧
のぞいてみてね。
犬のしつけとドックダンス
見て見て!
犬の訓練、ペットシッター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。