「Coco幸」は、人と動物が豊かに暮らせるまちづくりを目指す情報ネットワークの会です。
真面目な話から面白い話まで、お役に立つ様々な情報の発信と共有の場です。

「まずは知ってもらうこと」ここからのスタート。
次に「自分たちにできることがあればやってみよう」
そして「人と動物も幸せに暮らせる社会」の実現に近づく。

※関心や興味を共有する情報交換のネット・コミュニティのため申し訳ありませんが動物の預かり、保護依頼は受け付けておりません。

犬のふん放置、7月にも1000円徴収へ

泉佐野市 犬のふん放置、
7月にも1000円徴収へ 警告効果なく


産経新聞 4月18日(木)15時9分配信

犬の放置ふん対策として、大阪府泉佐野市がふんを放置した飼い主から過料千円の徴収を始める方針を固めたことが18日、分かった。
7月にも徴収をスタートさせる。
昨年1月に過料徴収できる条例を定めていたが、これまでは徴収していなかった。
今年2月からふんの放置箇所にイエローカードを置く作戦を始めたものの「効果が少ない」と、徴収に踏み切ることにしたという。

千葉県市川市や岡山県倉敷市などでも同様の条例があるが、過料徴収は行っておらず、実際に過料を徴収するのは異例。

20130418-00000138-san-000-10-view.jpg
犬のふん放置箇所にイエローカードを置く「放置フンGメン」
=今年2月、大阪府泉佐野市(写真:産経新聞)

市によると、徴収員として、取り締まりなどの経験がある警察官OB2人を採用することを検討しており、6月補正予算案に人件費を盛り込む。
週5日間勤務で、犬の散歩にでかける人が多い朝夕に、2人一組でパトロールを行い、ふんの放置を現認すれば、過料を徴収する仕組みを想定している。

犬の放置ふん対策をめぐっては、千代松大耕(ひろやす)市長が昨年6月、清掃や見回り費用を捻出するため、犬の飼い主に課税を行う“犬税”を平成26年度に導入することを検討していると表明していた。

市が行った調査では、泉佐野市内で1カ月間に1400~1800カ所のふんの放置を確認。
今年2月には「放置フンGメン」と名付けた専従員が放置箇所にイエローカードを置く取り組みを始めたが、それでも3月の放置箇所は千カ所を超えたという。

千代松市長は取材に対し「犬のふんは減少傾向にあるが、なくなったわけではない。やはり過料徴収をせざるを得ない」と話した。

市は過料徴収を始める7月以降も、イエローカード設置などの取り組みを継続。それでも、大きな改善傾向がなければ、26年度にも犬税導入に踏み切る考えだという。


  散歩に行く時はビニール袋などを持って行き、必ず糞を持ちかえって始末しましょう

 尼崎市での「イエローカード作戦」について

yellowcard-picture_20130419073517.jpg

犬を家族の一員のように大切にする飼い主が増える中、一部の無責任な飼い主による犬のフンの放置が問題となっています。

フンの放置は景観を損ねるだけでなく、衛生的にも問題となります。

そこで、不快なフンの放置を減少させる方法として、市民の皆さんに「イエローカード作戦」をご紹介します。

この取り組みは、放置されたフンの横に地域住民がイエローカード(写真参照)を置いていくことにより、「フンの放置は地域として許さない」という態度を飼い主に認識させ、飼育マナーの向上を図ろうというものです。

この活動は町内会や管理組合などの組織で、継続的に取り組んでいただくことが重要です。

「イエローカード作戦」に取り組む前に

まずは尼崎市動物愛護センターまでお問い合わせください。

また、当センターでは「イエローカード作戦」を始めようとする組織に対し、初回に限りイエローカードの作成マニュアル(1部)と紙原稿(10部)、完成見本(1個)を窓口でお渡しいたします。
(尼崎市動物愛護センターHPより)


たくさんの人に見ていただきたいと思っています。
お鼻をポチして応援してください!

コメントの投稿

非公開コメント

迷子札
会員限定企画!
r3.jpg
パンフレット紹介
画像は環境省自然環境局のサイトにリンクしてあります。
ここで全文を読むことができますので、是非、読んでみてください。
r45.jpg

r3.jpg

                  r4.jpg

r2.jpg

r1.jpg

r5.jpg

r6.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

h2506.jpg

ポスター紹介
p3.jpg p1.jpg poster04.jpg
ブロとも一覧
のぞいてみてね。
犬のしつけとドックダンス
見て見て!
犬の訓練、ペットシッター