「Coco幸」は、人と動物が豊かに暮らせるまちづくりを目指す情報ネットワークの会です。
真面目な話から面白い話まで、お役に立つ様々な情報の発信と共有の場です。

「まずは知ってもらうこと」ここからのスタート。
次に「自分たちにできることがあればやってみよう」
そして「人と動物も幸せに暮らせる社会」の実現に近づく。

※関心や興味を共有する情報交換のネット・コミュニティのため申し訳ありませんが動物の預かり、保護依頼は受け付けておりません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



たくさんの人に見ていただきたいと思っています。
お鼻をポチして応援してください!

ペットの熱中症 5月から急増

ペットの熱中症 5月から急増し
7月、8月にピーク アニコム損保調べ


アニコム損害保険株式会社は19日、本格的に暖かくなっていくこれからの季節を前に、ペットの熱中症に関する調査データを公表した。

同社のペット保険「どうぶつ健保」の保険金請求データのうち、「熱中症、日射病、熱射病、脱水」のいずれかに関連した請求を月別に集計したところ、毎年4月ごろから発生し、7~8月にピークを迎えることがわかった。

また、気温と熱中症の関係を調査した結果、最高気温が25度を超える夏日を観測し始める5月から請求件数が急増。
一方、残暑が厳しい9月は7月、8日に比べて、意外にも請求件数が大きく減少する傾向が見られたという。

7月、8月と夏日の日数に大差はないにもかかわらず、9月に請求が減少する理由について同社は、暑さにペットの体が慣れてくることや、飼い主が十分対策を行っていることが要因ではないかと分析している。

さらに、熱中症にかかった場所では「散歩中・ドッグラン」(48.0%)、「リビング」(44.0%)が大半を占めた。
特に「リビング」で熱中症にかかるのは、ペットだけで留守番しているときよりも、家族も在宅中の場合が多いという意外な結果が。
ペットと人の適正温度の違いには、やはり注意が必要のようだ。

同社はこの結果を受け、「ゴールデンウィークなどで外出が増えるこれからの季節は、温度管理、湿度管理を気をつけて、熱中症の予防に努めてほしい」と注意を促している。

(ワールドペットニュースより)


たくさんの人に見ていただきたいと思っています。
お鼻をポチして応援してください!

コメントの投稿

非公開コメント

迷子札
会員限定企画!
r3.jpg
パンフレット紹介
画像は環境省自然環境局のサイトにリンクしてあります。
ここで全文を読むことができますので、是非、読んでみてください。
r45.jpg

r3.jpg

                  r4.jpg

r2.jpg

r1.jpg

r5.jpg

r6.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

h2506.jpg

ポスター紹介
p3.jpg p1.jpg poster04.jpg
ブロとも一覧
のぞいてみてね。
犬のしつけとドックダンス
見て見て!
犬の訓練、ペットシッター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。