「Coco幸」は、人と動物が豊かに暮らせるまちづくりを目指す情報ネットワークの会です。
真面目な話から面白い話まで、お役に立つ様々な情報の発信と共有の場です。

「まずは知ってもらうこと」ここからのスタート。
次に「自分たちにできることがあればやってみよう」
そして「人と動物も幸せに暮らせる社会」の実現に近づく。

※関心や興味を共有する情報交換のネット・コミュニティのため申し訳ありませんが動物の預かり、保護依頼は受け付けておりません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



たくさんの人に見ていただきたいと思っています。
お鼻をポチして応援してください!

チョビに妹ができました

今日は、チョビを紹介させてくださいね

チョビは、JR立花駅にいた猫でした。
駅といっても人が入れないところ。

middle_1272018572.jpg
  (当時、チョビがいたところ)

2010年4月・・・ここにいる猫を保護したいという相談を受けました。
なんでも1年近くここに1匹の猫がいて、体半分くらい毛がなくなっていた時もあって、ここから出して家に迎えたいということでした。

middle_1270868940.jpg

保護するにあたって、病気を持っているかもしれないこと、馴れるかどうか分からないことなど話をしたら、相談者はそれでもかまわないと言ってくれ、捕獲を決意。

middle_1270683042.jpg
 (上から食べ物を投げてもらってました)

場所が場所なだけに捕獲は困難。
JRの敷地内ということで勝手に立ち入ることもできません。
それで色んな人に相談し、愛護センターとCONの当時の代表OさんがJR立花に話をしてくれました。
配線などがあるため業者でないと入ってはダメとのことで、JRが業者を呼ぶことになりました。

middle_1272020463.jpg

4月23日、業者の人に捕獲器を設置してもらいました。
チョビが入ったら業者に下してもらう・・・チャンスは一度だけ。

捕獲器を設置したらチョビの姿がなくなり心配しました。
本来なら捕獲器の中のエサを変えたりするんだけど、それもできない。

もうダメなのか・・・と思ったら27日、チョビが入ってました
見つけたのは相談者の方!

middle_1272356936.jpg

業者の方が下してくれました

チョビを迎えてくれたご夫婦は、毎日、本当に愛情いっぱいで接してくれました。
フーフーシャーシャーで触ることも出来ないチョビに、「うちに来てくれてありがとう」「チョビ、大好きやで」と言葉をかけ、お休みの日はチョビがいるケージの部屋でみんなでお昼寝をしたそうです。

middle_1274013541.jpg

当時いただいたメールには・・・
チョビが我が家にやって来て10日が経ちました。
いやぁ、この10日間本当に大変でした。
ご飯をケージに入れる度にフーフーシャーシャー、トイレの掃除でフーフーシャーシャー。
私達を見てはイカ耳。
時にはスコティッシュホールド顔負けの折れ耳、極めつけは耳が頭にはりついたドラえもん。
    ・
    ・
    ・
そんなチョビですが、良いところがいっぱいあります。
ご飯大好き残さず食べます。
毎日立派なウンチをします。
大きな音には動じません。
身なりを気にするらしく、ケージにかけた布の影に隠れて顔のお手入れやグルーミングをしています。
私達を見張りつつも爆睡しています。

ケージ生活5か月、段々と馴れて、今ではすっかり甘えん坊チョビ。
そんなチョビに、妹ができたのです

PE_20130518201849.jpg

2010年4月にお家の子になってからもチョビはずっと一人っ子でした。
間で何度か預かり猫さんが来たこともあったけれど、チョビが受け入れてくれずで。
だけどチョビを大切にするとの思いからチョビ優先でした。

ご主人が勤める会社の近くに保健所があり、そこに子猫が2匹入ったということが分かり、ご主人は奥さんに相談。
ご夫婦はチョビを思って新しく猫を迎えることは考えていませんでした。
全国で処分される子はたくさんいて、みんな救ってあげることはできません。
だけど、知ってしまった2匹。
この2匹だけなら・・・
すぐに保健所に連絡をして、2匹を引取りました。

1匹は里親さんが見つかってお届けされたそうです
もう1匹は1週間前のメールによると、「子猫とチョビの無理やりラブラブ大作戦」決行

PE_20130518201739.jpg

子猫が近づく → チョビ逃げる の繰返し
子猫が追いかける → チョビはケージの上に登る

子猫にパンチして逃げながらも、鼻ツンしたりして、とうとうチョビは子猫を受け入れてくれたようです。
子猫の名前は、ちはるちゃん

PE_20130518201629.jpg

昨日、「新しい家族を紹介します」とメールをもらいました
2匹で遊んだり、なめあったりしているそうです。
チョビ&ちはるちゃん~おめでとう
これは、チョビすけさんのお話です。

2010年4月、ネットサーフィンしてるときに1つの情報が目にとまった。
「JR立花付近で誰か猫の捕獲を手伝ってもらえませんか」というものだった。
そして知り合ったのがチョビすけさん。
私とチョビすけさんを繋げてくれたのはチョビでした。
それからお付き合いがはじまって・・・

middle_1299065663_20130519100208.jpg

ビーグル犬の豆ちゃんの里親探しの時に、里親さんを紹介してくれたのはチョビすけさんでした。

middle_1325064933.jpg

小鉄ジィ様の里親さんを紹介してくれたのもチョビすけさん。

写真JR~1

小鉄ジィ様が亡くなって、小鉄Jr.を紹介してくれたのもチョビすけさん。

人と人の繋がりって、本当にステキです。
チョビの捕獲にあたっても、いろんな方が関わってくれました。
大事にしたいな~って思います

       by まっちゃん


たくさんの人に見ていただきたいと思っています。
お鼻をポチして応援してください!

コメントの投稿

非公開コメント

涙腺決壊(;;)

ダメだ、涙腺がおかしいです。元々超涙もろい方ですが、最近はちょっとした事で崩壊します。

チョビちゃんなんて所にいたのですか!!(>_<) 毛もボサボサで痛々しい…。よく捕獲出来ましたね。捕獲出来るまでの4日間の皆様のお気持ち、十二分に想像出来ます。毎日「お願いだから入って!!」って祈られた事でしょう。チョビちゃん助けてもらえて良かったねぇ(*´ー`*)。 今幸せだねぇ。
しかも可愛い妹ちゃんも出来て♪仲のいい2人の写真を見てまたまたウルウル(T^T)。

それが縁でビーグルちゃん・小鉄っちゃん・Jrちゃんの里親さんに赤い糸が繋がるなんて…。え~話しやぁ、めっちゃえ~話しやぁととうとう決壊。

動物を見捨てるのも人間、でも救えるのも人間なのですよね。人との繋がりでこれからも多くの動物達が救われます様にと願ってやみません。
私も自分に出来る事を精一杯やっていこうと思います。

うさぎ母さんへ

チョビがいたところの上は改札、すぐ後ろは線路で、どうしてこんなところにいたのか?
ウンチてんこ盛りのところがあったので、ずっとここにいたんだと思います。
時々利用する駅でしたが、まさかあんなところに猫がいるなんてi-201
1つの情報発信から、つながっていきました。
情報を発信することも大事なんだな~って思いました。
なのでCoco幸も、いろんな情報を発信していきたいと思います i-236
迷子札
会員限定企画!
r3.jpg
パンフレット紹介
画像は環境省自然環境局のサイトにリンクしてあります。
ここで全文を読むことができますので、是非、読んでみてください。
r45.jpg

r3.jpg

                  r4.jpg

r2.jpg

r1.jpg

r5.jpg

r6.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

h2506.jpg

ポスター紹介
p3.jpg p1.jpg poster04.jpg
ブロとも一覧
のぞいてみてね。
犬のしつけとドックダンス
見て見て!
犬の訓練、ペットシッター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。