「Coco幸」は、人と動物が豊かに暮らせるまちづくりを目指す情報ネットワークの会です。
真面目な話から面白い話まで、お役に立つ様々な情報の発信と共有の場です。

「まずは知ってもらうこと」ここからのスタート。
次に「自分たちにできることがあればやってみよう」
そして「人と動物も幸せに暮らせる社会」の実現に近づく。

※関心や興味を共有する情報交換のネット・コミュニティのため申し訳ありませんが動物の預かり、保護依頼は受け付けておりません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



たくさんの人に見ていただきたいと思っています。
お鼻をポチして応援してください!

<動物管理センター>飼い猫を誤って殺処分 札幌市

<動物管理センター>飼い猫を誤って殺処分 札幌市
                 毎日新聞 6月3日(月)21時38分配信

札幌市は3日、警察から引き取った飼い主のいる迷い猫を、誤って殺処分したと発表した。
首輪が付いているのを見逃すなどミスが重なったのが原因で、飼い主に謝罪したという。

市によると5月31日、市動物管理センターの職員3人が札幌中央署から迷い猫を引き取った。
猫が威嚇したため、獣医師は「攻撃性があり、保護は困難」と判断。
炭酸ガスで殺処分した直後、首輪に気付いたという。
獣医師の報告書を見た別のセンター職員が、市内の女性から問い合わせがあった猫と特徴が同じことに気付き、飼い主が分かった。

警察からの依頼書には「首輪付き」と記されていたが、センター職員が書く業務リストには記載がなく、首輪が毛に隠れていて獣医師も気付かなかったという。
向井猛・同センター所長は「慣れがあったのかもしれない。飼い主の方には大変申し訳ないことをしてしまった」と謝罪。
再発防止策として、飼い主不明の迷い猫の処分はセンター所長の決裁を得ることにしたという。【平野美紀】


この記事を読んで、思うこと・・・
「ペットが迷子になったら、すぐに警察、愛護センターに連絡をしましょう」
飼い主さんは、センターに連絡をしていた。

「身元が分かるよう迷子札やマイクロチップをつけましょう」
マイクロチップの確認をしたならば、首輪に気付くはず。
というこうとは、それもされなかった。
迷子札やマイクロチップをつけましょう!と言いながら、首輪の確認をしなければ意味がないやん。

収容された犬ねこには、公示期限があると思うんだけど。
公示期限が満了するまで、誰一人として首輪に気付かなかったのか?

>猫が威嚇したため、獣医師は「攻撃性があり、保護は困難」と判断。
ここにある「獣医師」とは、獣医資格をもつセンター職員だろう。
猫は、外に出たり環境が変わっただけでパニックになり、威嚇することは珍しくない。
ベタベタの飼い猫であっても、外に出てしまったら飼い主であってもなかなか捕まえられないこともしばしばある。

014 (2)

うちのサンは、とっても温厚で来客の接待係のような子。
それでも車に乗って病院に行った時、嫌なことをされたら「シャー!」っていいます。

猫は環境の変化に弱いものです。
環境が変わってもスリスリする子は珍しいのです。

センター所長の言う「慣れ」
怖いです。
譲渡できるかできないかを判断するのは、センターの獣医師です。
悪い「慣れ」によって、譲渡不可と判断されないよう願います。
これはどのセンターにもお願いしたいです。

同時に、飼っている子が迷子にならないよう注意しなくちゃいけませんね。

         by まっちゃん

< 追記 >

札幌市動物管理センター(西区)は3日、飼い主のいる猫を誤って殺処分したと発表した。
担当の獣医師が首輪を見落としたのが原因で、同センターによると、このようなミスは初めてで、同センターは飼い主に謝罪し、獣医師らの処分を検討している。

発表によると、殺処分されたのは12歳の雄の猫で、5月31日午後3時頃、確保した警察から「迷い猫」として同センター福移支所(北区)に運ばれた。
獣医師が伝染病の有無などを確認しようとしたが、爪で引っかくなどして、籠から出てこなかった。

センターの要綱では、成猫は原則4日間収容することになっているが、攻撃性があり、保護収容が困難と判断した場合、直ちに殺処分できる。
獣医師は一人で炭酸ガスによる処分を決め、約50分後に死骸を確認した。

しかし、その約40分後、同市中央区に住む飼い主の女性からセンターへ問い合わせがあり、死骸などから飼い猫と判明した。
猫には首輪がついており、警察からの引き渡し時の書類にも記載されていたが、獣医師らは確認していなかった。
同センターの向井猛所長は「複数の職員によるチェックを怠り、飼い主の方に大変なご迷惑をかけた。再発防止に努めたい」としている。

(2013年6月4日 読売新聞)


警察からセンターに移動してすぐに殺処分されたという事ですね。
そして、その後に飼い主さんから問い合わせがあった・・・

>センターの要綱では、成猫は原則4日間収容することになっているが、攻撃性があり、保護収容が困難と判断した場合、直ちに殺処分できる。
>猫には首輪がついており、警察からの引き渡し時の書類にも記載されていたが、獣医師らは確認していなかった。

収容 → 殺処分 というのがセンター所長の言う「慣れ」と推測してしまう。


たくさんの人に見ていただきたいと思っています。
お鼻をポチして応援してください!

コメントの投稿

非公開コメント

涙出ました

なんでこんな事が起こるのですか。泣いてしまいました。どんなに人なつこいコだって知らない場所に連れて行かれたら怖くて威嚇するのは当たり前で、それを攻撃性ありで即処分て…。
「おかしいやろーーーーーっ!!!!!!」と怒り込み上げてしまいました。

岐阜では猫を虐待してた男性が捕まったそうで…。猫達の悲鳴が聞こえそうでつらいです。
今日本中、いえ世界中で迷子になってるコ達が無事お家に 帰れます様に、捨てられたり虐待されたりせずみんな幸せに暮らせます様にとただただ願います。

うー、悔し涙止まらないじゃないか!

No title

「攻撃性があったので処分」とある以上、獣医が引っかかれてブチ切れたので殺したのでしょうね。本気で獣医を名乗る資格のないクズと思います。名前を公開して獣医師免許を剥奪していただきたいです。

うさぎ母さんへ

>成猫は原則4日間収容することになっているが、攻撃性があり、保護収容が困難と判断した場合、直ちに殺処分できる。

だったら、ほとんどの猫が該当してしまいます。
しかも警察から首輪の記載があったにもかかわらず確認しなかった。
さらに、関わった職員は一人ではなく複数。

環境省は2009 年度より、犬や猫の殺処分半減を目標とした取り組みに着手。
これに違反してるんじゃないでしょうか。

名無しさんへ

これがもし開業医ならば、下手すれば経営困難になるでしょう。
自分のしたことの責任がまわってきます。
けれど、たぶん獣医資格をもつ職員だと思うので、何のおとがめもないかと。
ここだけに限らず、このような怖い「慣れ」はあるのではないでしょうか。
今後、このようなことが起こらないことを願います。
迷子札
会員限定企画!
r3.jpg
パンフレット紹介
画像は環境省自然環境局のサイトにリンクしてあります。
ここで全文を読むことができますので、是非、読んでみてください。
r45.jpg

r3.jpg

                  r4.jpg

r2.jpg

r1.jpg

r5.jpg

r6.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

h2506.jpg

ポスター紹介
p3.jpg p1.jpg poster04.jpg
ブロとも一覧
のぞいてみてね。
犬のしつけとドックダンス
見て見て!
犬の訓練、ペットシッター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。