「Coco幸」は、人と動物が豊かに暮らせるまちづくりを目指す情報ネットワークの会です。
真面目な話から面白い話まで、お役に立つ様々な情報の発信と共有の場です。

「まずは知ってもらうこと」ここからのスタート。
次に「自分たちにできることがあればやってみよう」
そして「人と動物も幸せに暮らせる社会」の実現に近づく。

※関心や興味を共有する情報交換のネット・コミュニティのため申し訳ありませんが動物の預かり、保護依頼は受け付けておりません。

京都の動物愛護センターにはドッグラン!

宝塚ガーデンフィールズのドッグランも廃園になることだし、兵庫県の動物愛護センターにもドッグランを併設してほしいとこですが
こないだ撃沈したばかり

尼崎の森につくってもらうのは無理かなぁ


 京都市は17日開かれた市議会決算特別委員会の市長総括質疑で、京都府と共同で2014年度中に設立する「京都動物愛護センター(仮称)」の概要を明らかにした。今年中に基本設計に入り、全国でも先端的な都市型愛護施設を目指す。
 市によると、センターは市家庭動物相談所(南区)の北隣にある上鳥羽公園の西側敷地6千平方メートルに整備する。保護した犬猫の譲渡先を探すまでの一時保管所となる建物(延べ1千平方メートル)や、飼い犬を自由に遊ばせる空間「ドッグラン」(3千平方メートル)、犬のしつけ教室など行う広場(1千平方メートル)も設ける。
 また併せて車でペットと来所できるよう近隣に駐車場(2200平方メートル)をつくる。市家庭動物相談所跡地は今後活用法を検討する。門川大作市長は「府市協調の施設として、互いのいいところを生かした施設にしたい」と述べた。
 センターは主に動物愛護事業を担う。老朽化した市家庭動物相談所の建て替えを機に府市で重複する業務の一本化を図った。府動物愛護管理センター(西京区)は支所とし、保護犬猫の飼育管理と殺処分を担当する。運営費も府市で折半する。都道府県と政令指定都市が共同運営する動物愛護センターは全国初という。

最終更新: 10月17日 22時59分


たくさんの人に見ていただきたいと思っています。
お鼻をポチして応援してください!

コメントの投稿

非公開コメント

迷子札
会員限定企画!
r3.jpg
パンフレット紹介
画像は環境省自然環境局のサイトにリンクしてあります。
ここで全文を読むことができますので、是非、読んでみてください。
r45.jpg

r3.jpg

                  r4.jpg

r2.jpg

r1.jpg

r5.jpg

r6.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

h2506.jpg

ポスター紹介
p3.jpg p1.jpg poster04.jpg
ブロとも一覧
のぞいてみてね。
犬のしつけとドックダンス
見て見て!
犬の訓練、ペットシッター