「Coco幸」は、人と動物が豊かに暮らせるまちづくりを目指す情報ネットワークの会です。
真面目な話から面白い話まで、お役に立つ様々な情報の発信と共有の場です。

「まずは知ってもらうこと」ここからのスタート。
次に「自分たちにできることがあればやってみよう」
そして「人と動物も幸せに暮らせる社会」の実現に近づく。

※関心や興味を共有する情報交換のネット・コミュニティのため申し訳ありませんが動物の預かり、保護依頼は受け付けておりません。

猫パルボについて

今日は猫のパルボについて書いてみます。
「パルボ」はとても怖い病気です。
これまで、耳にはしていたけれど、そんなに危機感を持っていなかったんですが、かかりつけ医にパルボの猫が入院したと聞いて、やはりどこにでも起こりうる怖い病気で、気をひきしめなければいけないと思い、ここに記したいと思いました。

パルボは、保護活動をしていれば遭遇して当然の感染症で、決して特別な病気ではありません。
パルボウイルス感染症は、保護活動をしていれば遭遇して当然、と考えて間違いないと思います。
短期間で大量に猫の命を奪ってしまう感染症です。

 猫パルボウィルス感染症とは?
猫汎白血球減少症(ねこはんはっけっきゅうげんしょうしょう)、猫パルボウィルス感染症、猫伝染性腸炎、FPV(:Feline Panluekopenia Virus)、FPL(:Feline Pan Loicopenia)、FPLVとも表記されますが、皆同じ病気を指します。
非常に感染力が強く、また死滅させる事が難しいウイルスとして知られています。
猫パルボは人にも犬にも感染しませんが、犬パルボの2型と呼ばれるものは人に吐感染しなくても猫には感染するそうです。

 症状
一般的で特徴的な症状として、激しい嘔吐や下痢、血便、発熱、元気・食欲の低下、白血球の減少が見られます。

 感染経路
発症した猫の体内からは、ウイルスが大量に排出されます。
嘔吐物や便には特に大量に、そして唾液や鼻水にも含まれます。
これらのウイルスを口から体内に入れた場合に、経口感染を起こします。
またこれらのウイルスは、接触感染で色々な場所に運ばれます。
人の手や足、靴底を通して遠く離れた場所にウイルスを運んでしまう事があります。
注意しなければいけないのは、人や動物がウイルスを運んでしまう可能性が高いという事です。

 消毒
このウイルスは非常に強く、屋外・屋内を問わず通常の環境では1年以上生存できます。
効かない消毒薬も多く、注意しなければいけません。
アルコール、クレゾール、逆性石鹸などは効きませんし、60℃で1時間加熱しても死滅しません。
パルボウイルスに対して効果のある消毒としてよく知られているのは、アンテックビルコンS。
他にはアクアリブとバイオウィルクリア。
手軽なのは塩素系消毒。
商品名だとキッチンハイターが有名。

 感染が起こった場合
ワクチンをしていない、免疫がついていないなど感染する可能性のある猫が、何回も吐いて下痢をする場合には、動物病院に行き、検査・治療をします。
素人判断で対応が遅れると、死んでしまいます。
一般のお店で買えるお薬には、この病気に効果的なものはありませんので、必ず病院へ!
病院によっては、他の猫への感染を防止するため、来院時間を指定される場合もありますので、まずは電話で相談しましょう。
その際に、「ワクチンをうっていないこと」などを伝えます。

小さな病院ではパルボの動物を診察してくれないことがあります。
病気の専門家である施設にとってもパルボウイルスは脅威なのです。

発症した猫さんの使っていたベッド等消毒が困難なものは、全て捨ててしまう事をお勧めします。
その際はゴミ袋を二重にする等の対策を施して下さい。
消毒は発症した猫さんが移動した経路を中心に、また発症した猫さんと触れ合った人がウイルスを運んでしまうという事を念頭に置いて、家中を徹底的に消毒して下さい。


お家の子以外、外の猫達に関わっている人は、パルボの知識をきちんと持っておくべきでしょう。
保護活動していれば、いろんな感染症と無関係ではいられないという危機感を持って、日々対応する事が大事だと思います。


たくさんの人に見ていただきたいと思っています。
お鼻をポチして応援してください!

コメントの投稿

非公開コメント

死亡率高いとか…

2ヶ月位前、人気のあるブログにお邪魔した時にこの病気に感染した仔猫の事が載っていて、感染力・死亡率も高いと知って怖くなりました。
我が家ではこの病気に感染した仔達を保護とかはなかったですが、やっぱり身近な病気なのですね。

その時に慌てない様に勉強したいなと改めて思いました。

うさぎ母さんへ

パルボって、身近なものだったりするんです。
動物病院も、うちのかかりつけ医のように、パルボが出たとは言ってはくれないですからね。
外の子に関わったり、保護をする人は、パルボだけでなく色んな病気の正しい知識は必要だと思います。
お家の子を守るためにもね。
私もまだまだ勉強中で~すi-179
迷子札
会員限定企画!
r3.jpg
パンフレット紹介
画像は環境省自然環境局のサイトにリンクしてあります。
ここで全文を読むことができますので、是非、読んでみてください。
r45.jpg

r3.jpg

                  r4.jpg

r2.jpg

r1.jpg

r5.jpg

r6.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

h2506.jpg

ポスター紹介
p3.jpg p1.jpg poster04.jpg
ブロとも一覧
のぞいてみてね。
犬のしつけとドックダンス
見て見て!
犬の訓練、ペットシッター