「Coco幸」は、人と動物が豊かに暮らせるまちづくりを目指す情報ネットワークの会です。
真面目な話から面白い話まで、お役に立つ様々な情報の発信と共有の場です。

「まずは知ってもらうこと」ここからのスタート。
次に「自分たちにできることがあればやってみよう」
そして「人と動物も幸せに暮らせる社会」の実現に近づく。

※関心や興味を共有する情報交換のネット・コミュニティのため申し訳ありませんが動物の預かり、保護依頼は受け付けておりません。

センターのHP

広島県動物愛護センターのHPが見やすかったので紹介します。
(HPより抜粋)

犬・猫の引取りの現状

どのような理由で,当センターに犬・猫が収容されているのでしょうか?
 平成24年度の当センターにおける犬・猫の収容状況です。

広島1

広島2

飼主さんから引取った犬・猫が,1割強程度いました。
飼い犬・飼い猫にとって,飼主さんから引き離されるほど不幸なことはありません。
当センターでは,犬猫の引取り数0(ゼロ)を目指しており,終生飼養の指導をしています。
 
飼主さんは,愛情を注いで共に生活していた犬・猫を,どのような理由で手放しているのでしょうか?

広島3

広島4

犬で一番理由の多くを占めている「飼主・家庭の事情」には,“飼主が高齢のため”,“飼主や家族が病気のため,世話をする人がいない”,“動物が高齢・病気になったから”などが多く認められました。
でも,これらの状況は飼う前から予測できるものです。
また,猫で一番多くを占めている「多頭飼育・子を出産」についても,不妊去勢手術をしていれば避けられたことです。
それ以外の理由についても,すべて人間側の事情であり,適切なしつけがなされていれば,手放されることはなかったものと考えられます。

適正飼育により,大切な「命」を守ってあげてください。
犬や猫を飼うということは,「命」を預かるということでもあります。

犬・猫の致死処分頭数の推移
当センターでは,動物愛護思想の普及啓発事業や犬・猫の譲渡を積極的に行い,収容頭数・致死処分頭数の減少に努めています。
しかし飼い主さんへ返還されたり,新しい飼い主さんへ譲渡される頭数は1割にも満たず,多くを致死処分しなければならない実態があります。

広島5


兵庫県、尼崎市のHPも現状を掲載してほしいなぁ~



たくさんの人に見ていただきたいと思っています。
お鼻をポチして応援してください!

コメントの投稿

非公開コメント

迷子札
会員限定企画!
r3.jpg
パンフレット紹介
画像は環境省自然環境局のサイトにリンクしてあります。
ここで全文を読むことができますので、是非、読んでみてください。
r45.jpg

r3.jpg

                  r4.jpg

r2.jpg

r1.jpg

r5.jpg

r6.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

h2506.jpg

ポスター紹介
p3.jpg p1.jpg poster04.jpg
ブロとも一覧
のぞいてみてね。
犬のしつけとドックダンス
見て見て!
犬の訓練、ペットシッター