「Coco幸」は、人と動物が豊かに暮らせるまちづくりを目指す情報ネットワークの会です。
真面目な話から面白い話まで、お役に立つ様々な情報の発信と共有の場です。

「まずは知ってもらうこと」ここからのスタート。
次に「自分たちにできることがあればやってみよう」
そして「人と動物も幸せに暮らせる社会」の実現に近づく。

※関心や興味を共有する情報交換のネット・コミュニティのため申し訳ありませんが動物の預かり、保護依頼は受け付けておりません。

休日譲渡申込み

尼崎市動物愛護センターでは、仕事等の都合により、休日でなければ譲渡申込等の手続きを行うことができない方のために、平成25年7月から休日の譲渡申込受付を開始しています。
受付時間は、奇数月の第3土曜日若しくは第3日曜日の午前10時から正午までの2時間で、それが昨日だったので行ってきました。

middle_1379281877.jpg

場所は兵庫県動物愛護センター 愛護館 研修室。
兵庫県動物愛護センターと尼崎市動物愛護センターは同じ敷地内にあります。
1組の方がワンちゃんを見に来てました。

兵庫県動物愛護センターには、絵画コンクールの絵が貼られていました。

middle_1379281953.jpg

middle_1379281983.jpg

middle_1379282007.jpg


第二種動物取扱業の届出について・・・ご存知ですか?

改正動物愛護管理法により、営利を目的としない動物の取扱いのうち、飼養施設を有して一定数以上の動物の飼養を行う場合について、届出制が新設され、届出の対象業を「第二種動物取扱業」と定められました。

動物の第二種取扱業(営利性のない活動であっても、飼養施設を有し、一定頭数以上の動物の取扱いをする者。親探しのボランティア等)を行おうとする人は、動物の愛護及び管理に関する法律に基づき、事業所の所在地を管轄する都道府県知事又は政令指定都市の長に届出をしなければなりません。

第二種動物取扱業に該当する場合
動物を取扱う活動は、譲渡し、保管、貸出、訓練、展示があり、たとえば、里親探しの譲渡ボランティア、非営利のペットシッター、公園展示、アニマルセラピーのボランティア等が考えられます。

上記の活動を行い、次の3点全てに該当する場合は、第二種動物取扱業になります。
1.営利性がないこと ※1
2.飼養施設があること ※2
3.一定数以上の動物を取扱うこと ※3

※1 営利性がある場合は、第一種動物取扱業になります。
※2 「飼養施設」とは、動物専用の飼養施設の他にも、飼育保管専用の部屋がある、部屋の一部にケージ等がまとまって設置してあり専用の飼育スペースとなっている場合等も含まれます。
※3 「一定頭数」とは、大型動物及び特定動物の合計数が3頭以上
中型動物の合計数が10頭以上
小型動物の合計数が50頭以上

主な対象動物
哺乳類
 大型:ウシ、シカ、ウマ、ロバ、イノシシ、ブタ、ヒツジ、ヤギ等、特定動物
 中型:イヌ、ネコ、タヌキ、キツネ、ウサギ等
 小型:ネズミ、リス等

うちはそうなのかな?と思われる方は、愛護センターに問い合わせしてみてくださいね。



たくさんの人に見ていただきたいと思っています。
お鼻をポチして応援してください!

コメントの投稿

非公開コメント

迷子札
会員限定企画!
r3.jpg
パンフレット紹介
画像は環境省自然環境局のサイトにリンクしてあります。
ここで全文を読むことができますので、是非、読んでみてください。
r45.jpg

r3.jpg

                  r4.jpg

r2.jpg

r1.jpg

r5.jpg

r6.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

h2506.jpg

ポスター紹介
p3.jpg p1.jpg poster04.jpg
ブロとも一覧
のぞいてみてね。
犬のしつけとドックダンス
見て見て!
犬の訓練、ペットシッター