「Coco幸」は、人と動物が豊かに暮らせるまちづくりを目指す情報ネットワークの会です。
真面目な話から面白い話まで、お役に立つ様々な情報の発信と共有の場です。

「まずは知ってもらうこと」ここからのスタート。
次に「自分たちにできることがあればやってみよう」
そして「人と動物も幸せに暮らせる社会」の実現に近づく。

※関心や興味を共有する情報交換のネット・コミュニティのため申し訳ありませんが動物の預かり、保護依頼は受け付けておりません。

高齢者・高齢犬・高齢猫

猫20匹の世話求ム 左京の寺、飼い主の住職亡くなり親族
(京都新聞、2014年02月28日)

京都市左京区の寺で飼われていた30匹以上の猫が住職の死去で残され、親族が新たな飼い主を探している。
公的機関に持ち込むと、原則的に殺処分が待つ。
飼い主の高齢化による「飼育放棄」はペットブームの陰で全国的な課題となっており、何らかの対策を求める声も聞かれる。

現在、寺の境内で残された猫の管理をしているアルバイト鍵谷碧さん(24)=左京区=によると、住職は今年1月に亡くなった。
住職の妻も高齢で以前から入所施設に入っており、猫の世話をしきれなくなった。
境内では20年以上前から猫を飼い始め、持ち込まれた捨て猫を「保健所では殺処分されてしまう」と住職が引き取ることも多かったという。

こうした経緯もあり鍵谷さんは「殺処分は避けたい」と新たな飼い主探しをすることにした。
残された猫のうち、健康状態が良い20匹の年齢などを記したチラシを大量に作り、知り合いを通じて市内の商店などに配り、飼い主を募集している。

「年を取った猫が多く、一緒に過ごせる期間は短いかもしれないが、残りの時間を温かく見守ってほしい」

問い合わせは、鍵谷さんの携帯電話090(5642)0803かメールy0721m-22@docomo.ne.jpまで。

  20140228092756neko.jpg

■高齢化、全国で飼育放棄増加

岐阜大などが昨年、全国の保健所などを対象に行った調査では、犬の所有権放棄の理由として最も多いのが飼い主の死亡・病気・入院で26・3%。うち60代以上が56・3%を占め、5年前よりも増加しているという。

京都市家庭動物相談所(南区)でも、飼育放棄理由の最多は飼い主の高齢化や体調不良だ。
昨年9月に施行された改正動物愛護管理法では、動物が命を終えるまで適切に飼育することが飼い主の責務として明記され、同相談所でも高齢者に犬猫を譲渡する場合には次の飼い主のめどを確認している。

動物愛護団体「京都どうぶつあいごの会」(南区)の喜多村賢会長(53)は「ペット文化が広がった今、飼い主の都合で宙に浮いたペットを保護できる体制づくりを考えるべき」と話す。


飼い主の高齢化、入院、死亡、高齢化したペット達・・・
遺棄されたり保健所に持ち込まれるケースが急増しているようです。
年を取ったペット達も人間同様に介護やケアが必要となったり寝たきりになる場合もあります。
そんな時家族で又はペット介護サービスなどを利用し最後まで看取ってあげる方々も居ますが、面倒見切れないと遺棄したり保健所に持ち込まれるケースが残念ながら多いようです。
最初に安易に飼わせない事はもちろん一番でしょう。
しかし今、現在問題に直面している飼い主達をどう支えていくか、情報交換や飼い主同士の交流、そしてそうした問題を共に考えアドバイスをし合う地域コミュニテイのようなものを作っていく事も大切のように思う。




たくさんの人に見ていただきたいと思っています。
お鼻をポチして応援してください!

コメントの投稿

非公開コメント

迷子札
会員限定企画!
r3.jpg
パンフレット紹介
画像は環境省自然環境局のサイトにリンクしてあります。
ここで全文を読むことができますので、是非、読んでみてください。
r45.jpg

r3.jpg

                  r4.jpg

r2.jpg

r1.jpg

r5.jpg

r6.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

h2506.jpg

ポスター紹介
p3.jpg p1.jpg poster04.jpg
ブロとも一覧
のぞいてみてね。
犬のしつけとドックダンス
見て見て!
犬の訓練、ペットシッター