「Coco幸」は、人と動物が豊かに暮らせるまちづくりを目指す情報ネットワークの会です。
真面目な話から面白い話まで、お役に立つ様々な情報の発信と共有の場です。

「まずは知ってもらうこと」ここからのスタート。
次に「自分たちにできることがあればやってみよう」
そして「人と動物も幸せに暮らせる社会」の実現に近づく。

※関心や興味を共有する情報交換のネット・コミュニティのため申し訳ありませんが動物の預かり、保護依頼は受け付けておりません。

広報・啓発

春・・・子猫のシーズンだといわれます。
春から里親募集のサイトに良縁を待つ子がたくさん掲載されます。

子猫が生まれると簡単に捨てたり、保健所に持ち込む人があとをたちません。
猫の殺処分が減らないのは、猫を捨てる飼い主がいること、また、不妊手術をしていない野良猫にエサを与える人間がいることが大きな原因です。

不妊手術を受けていない野良猫が産み落とした子猫たちが、「近所迷惑」という形で行政に持ち込まれれたりもします。

保護され、里親募集される子猫はごく一部で、たいていの子は命を落としてしまいます。

middle_1249051657_201403301158164da.jpg

うちの天、保護した時はこんな風でした。

middle_1249051824_201403301204095cb.jpg

同じくビビも、こんな風で、2匹は病院でも厳しいと言われました。

middle_1249121481.jpg

でも、元気になってくれました。
天は、保護した時すでに眼球が片方ありませんでした。
2匹とも、ものすごい数のノミもいました

middle_1249339612.jpg

ひどい猫風邪に加え、ノミ、シラミ、回虫、コクシジウムとオンパレード、真菌まで
状態が悪すぎて薬がなかなか使えず、1つずつクリアしていきました。
そして最後に、白血病の陽性がでました

middle_1259740214.jpg

里親募集をしたけれど里親さんは見つからず・・・
白血病キャリアなので、うちのニャンズ全員、ワクチンを4種に打ち直ししました。

middle_1265538021.jpg

近所でよく子猫を拾うため、何でやろ?と調べてみました。
そうしたらうちの町会内で3か所、ノラ猫にエサやりをしているところがありました。
残念ながら3か所とも不妊手術はされておらず、コソコソとエサをあげるだけの状態。

もうこれ以上、子猫を拾うのは嫌だと思い、町会長のところに行って話をしました。
そして町会長が近所の方を集めてくださり、愛護センターの方にも来てもらって話し合い。
「合意書」をもらい、不妊手術にとりかかりました。
1か所に約10匹。
3か所で約30匹の猫がいて、全頭の手術には1年かかりました。
助成金、尼崎小動物愛護推進協会の助成、町会長さんからのカンパで、平成23年に最後の1匹を手術し、それ以来、猫は増えず。
近所からは、「静かになった」「猫が減った」と喜ぶ声が。
それでも嫌な人もいるわけで、皆が皆、理解している訳ではありません。

飼い猫に不妊手術を施す

飼育放棄される子猫の数を減らすためには、飼い猫に対する不妊手術の徹底が不可欠です。
生まれてくる全ての子猫をご自身で飼うことができるのなら良いのですが、そうでないなら不妊手術をしましょう。
新しい飼い主さん探しは決して簡単ではないのです。

子猫を保護する時の注意点
<子猫に多い感染症>
ノミ・ダニ・耳ダニ、
寄生虫には回虫やギョウ虫、サナダ虫など
目ヤニが出ていれば、猫風邪でウイルス性のカリシやヘルペスの可能性もあり。
放置すれば失明する可能性もあります。

猫パルボも多いようで、パルポに関しては、徹底した消毒と根気強い隔離治療が必要。
安全のために自宅の猫と一緒にするのは待ってください。
自宅に迎え入れたい、お家の猫と一緒にする場合は、隔離保護して二週間過ぎればエイズ・白血病検査。

一部の善意の人が,
こぼれ落ちた命を救い続けてもキリがありません。

一人でも多くの人に現状を知ってほしい。
子猫だけに限らず、ペットを飼うということ、適正飼養、終生飼養、ノラ猫のこと、遺棄、愛護センターのこと・・・

そのために広報・啓発は重要だと思います。


たくさんの人に見ていただきたいと思っています。
お鼻をポチして応援してください!

コメントの投稿

非公開コメント

全くその通りだと思います。
自分は迷惑な人間ではなく可哀想な猫を助けている奇特な善人だと思いながらもコソコソと餌やりだけして糞尿の始末はしない、あの悩ましい発情期の猫の辛さにも目(耳)をつむる矛盾に気付いていません。
挙げ句の果て猫好きの家に捨てたりするんですよねぇ


TNRなんて聞いた事がない…そもそもどうやって捕獲するのか?…獣医さんで野良猫の手術をしてくれるものなのか?…手術費がいくらぐらいなのか?

まだまだ知らない人がいるんですよね、特に年配者。


啓発は大切な事です 。少人数のボランティアに出来る事は限られます
蛇口を閉めないとボランティアだけでは解決できません。
だから啓発活動は必要なんですよね~

マヨちゃんへ

そうなんです・・・可哀想な猫を助けている善人だと思ってるんです。
でも結果的に猫が悪者になったりするんですよね。
TNRも捕獲も、まだまだ知らない人が多いです。
一人でも多くの方に知ってもらいたいです i-179
迷子札
会員限定企画!
r3.jpg
パンフレット紹介
画像は環境省自然環境局のサイトにリンクしてあります。
ここで全文を読むことができますので、是非、読んでみてください。
r45.jpg

r3.jpg

                  r4.jpg

r2.jpg

r1.jpg

r5.jpg

r6.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

h2506.jpg

ポスター紹介
p3.jpg p1.jpg poster04.jpg
ブロとも一覧
のぞいてみてね。
犬のしつけとドックダンス
見て見て!
犬の訓練、ペットシッター