「Coco幸」は、人と動物が豊かに暮らせるまちづくりを目指す情報ネットワークの会です。
真面目な話から面白い話まで、お役に立つ様々な情報の発信と共有の場です。

「まずは知ってもらうこと」ここからのスタート。
次に「自分たちにできることがあればやってみよう」
そして「人と動物も幸せに暮らせる社会」の実現に近づく。

※関心や興味を共有する情報交換のネット・コミュニティのため申し訳ありませんが動物の預かり、保護依頼は受け付けておりません。

鳴き声うるさい…

鳴き声うるさい…犬猫適正飼育求める条例制定へ

 「鳴き声がうるさい」など犬や猫にまつわる市民の苦情が後を絶たない。

札幌市はしつけなどの適正飼育を飼い主に求める条例を制定する方針を固めた。
すでに施行された道の条例は努力義務にとどまっている。
抜本的な解決につながっておらず、独自に条例を制定する必要があると判断した。
罰則の導入も検討している。

札幌市が制定を目指しているのは、動物愛護管理に関する条例(仮称)。
市は4月、獣医師やペット販売業者、公募の市民らで構成する市動物愛護管理のあり方検討委員会を設置した。
検討委は、今年秋までに条例の骨子案をまとめ、市は2015年度に条例案を策定する方針だ。

ペット人気が続く中、13年9月には改正動物愛護管理法が施行され、「飼い主の責任」が盛り込まれた。
条例案では飼い主らの適正飼育や動物愛護精神の育成、動物取扱業者への指導など動物の福祉向上を柱に、これを守らない飼い主らに罰則を科すことも検討している。
(2014年05月26日 11時57分 Copyright © The Yomiuri Shimbun)


尼崎市でも、犬の糞の放置や放し飼い、鳴き声など、犬、猫等の飼い方に関する苦情や相談が数多く寄せられていると愛護センターの職員の方がおっしゃっていた。
そういえば以前の協議会でも、委員の方が「犬に関しては子犬の時からしつけは必要」と言ってたなぁ。
吠えない、噛まない、トイレ・・・これさえしつければ、ほとんど問題なく生活できるって。
「しつけ」は優しさなんですよね


たくさんの人に見ていただきたいと思っています。
お鼻をポチして応援してください!

コメントの投稿

非公開コメント

迷子札
会員限定企画!
r3.jpg
パンフレット紹介
画像は環境省自然環境局のサイトにリンクしてあります。
ここで全文を読むことができますので、是非、読んでみてください。
r45.jpg

r3.jpg

                  r4.jpg

r2.jpg

r1.jpg

r5.jpg

r6.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

h2506.jpg

ポスター紹介
p3.jpg p1.jpg poster04.jpg
ブロとも一覧
のぞいてみてね。
犬のしつけとドックダンス
見て見て!
犬の訓練、ペットシッター