「Coco幸」は、人と動物が豊かに暮らせるまちづくりを目指す情報ネットワークの会です。
真面目な話から面白い話まで、お役に立つ様々な情報の発信と共有の場です。

「まずは知ってもらうこと」ここからのスタート。
次に「自分たちにできることがあればやってみよう」
そして「人と動物も幸せに暮らせる社会」の実現に近づく。

※関心や興味を共有する情報交換のネット・コミュニティのため申し訳ありませんが動物の預かり、保護依頼は受け付けておりません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



たくさんの人に見ていただきたいと思っています。
お鼻をポチして応援してください!

市住の一室からネコ62匹

市住の一室からネコ62匹、
愛護団体が保護 兵庫・川西


 兵庫県川西市の市営住宅の一室で、ネコ62匹を飼っている住人がいることがわかり、今月上旬、市内の動物愛護団体が保護した。
悪臭や鳴き声に苦情が相次ぎ、市から部屋の明け渡しを求められた飼い主が団体に相談した。団体はネコの引き取り手を探している。

 ネコを保護した「川西TNR・地域ねこの会」によると、飼い主は市内の市営住宅5階に住む60代の男性。男性からの連絡を受けて部屋を訪ねると、ごみが積まれた3DKの室内に多くのネコがいた。
男性からは26匹と聞いていたが、押し入れや天袋からも次々と見つかり、9月1日から4日間かけてオス・メス31匹ずつ、計62匹を捕獲した。

OSK201209130017.jpg

 同会は不妊・去勢手術をして返そうとしたが、周辺住民から「異臭や鳴き声に悩まされてきた」と反対の声が上がった。そこで、市は老朽化で入居募集をしていない別の市営住宅の空き部屋を開放。現在、同会のメンバーが交代でエサやトイレの世話をしている。

先月のニュースなので、まだ記憶に新しい。

9月23日の記事には「 9月6日、川西TNR地域ねこの会が川西市営住宅の1室から出た62匹の猫を保護して17日が経つ。新聞社やテレビ報道を通じて「里親探し」を呼びかけ、宝塚市・池田市・豊中市・西宮市・和歌山市で現在8匹の里親が見つかった。報道関係者には心から感謝している。報道されてから1週間程はいろいろな問い合わせがあったが、ここの所、何もない状態が続いている。「62匹の里親」を見つける道のりは長くなりそうだ。」と書いてあった。

 こんなになるまでに、もっと早く手がうてなかったのか?
悪臭や鳴き声の苦情は、前からあったんじゃないのか。
愛護センターの耳には入っていなかったのか?
川西市は兵庫県動物愛護センターの管轄のはず。
11月16日の愛護センター訪問で、聞いてみよ~っと

川西TNR・地域ねこの会では、川西市へ「猫の飼育ガイドライン」策定を求めていくことを決めたそうだ。

尼崎にも「猫の飼育ガイドライン」策定を求めていきたい



たくさんの人に見ていただきたいと思っています。
お鼻をポチして応援してください!

コメントの投稿

非公開コメント

迷子札
会員限定企画!
r3.jpg
パンフレット紹介
画像は環境省自然環境局のサイトにリンクしてあります。
ここで全文を読むことができますので、是非、読んでみてください。
r45.jpg

r3.jpg

                  r4.jpg

r2.jpg

r1.jpg

r5.jpg

r6.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

h2506.jpg

ポスター紹介
p3.jpg p1.jpg poster04.jpg
ブロとも一覧
のぞいてみてね。
犬のしつけとドックダンス
見て見て!
犬の訓練、ペットシッター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。