「Coco幸」は、人と動物が豊かに暮らせるまちづくりを目指す情報ネットワークの会です。
真面目な話から面白い話まで、お役に立つ様々な情報の発信と共有の場です。

「まずは知ってもらうこと」ここからのスタート。
次に「自分たちにできることがあればやってみよう」
そして「人と動物も幸せに暮らせる社会」の実現に近づく。

※関心や興味を共有する情報交換のネット・コミュニティのため申し訳ありませんが動物の預かり、保護依頼は受け付けておりません。

野良猫:不妊・去勢手術、県が無料で請け負い事業

 「ネコモン」という本に、兵庫県動物愛護センターの記事が載ってました。

013.jpg

「殺処分ゼロは県民の意識改革から」
何年かけてもやり抜く「兵庫式」に妥協なし。


このタイトルで、内容は・・・

日本一厳しい(?)飼い主選び。 譲渡条件をあえて狭める理由。

犬や猫への理解不足、飼い方の問題。
理解不足の延長線上に「人を咬んで困る」「エサをやっていた猫が勝手に子猫を産んだ」との、人間の勝手な理由による悲しい殺処分送りがある。
この悲劇をなくすためには、飼い方のモラルを高めるしかない。

つらく、くやしい思いがバネとなり、職員たちが立ち上がり決めたのが「犬や猫の譲渡」のやり方を徹底的に見直すこと。

新しい飼い主を見つける譲渡事業は、多くのセンターが取り組んでいるが、兵庫県が他のセンターと大きく異なるのは「数」より「質」を絶対的に優先しているところにある。

面談と2回の家庭訪問で理想の譲渡にこぎつける。

犬の場合は、譲渡してから2週間後に家庭訪問をし、1か月後にはセンターで行う犬のしつけ教室に参加してもらう。
1年後にはもう一度、家庭訪問を行う。

譲渡される犬は、朝夕の散歩、しつけはすべて職員の手で行っている。
猫も「また遊んでるの?」と職員同士がからかい合うくらい、いっぱいふれあって人への信頼を育む。
ここまでした犬や猫たちには、幸せを掴んでもらわなければ困る。
センターで"出戻り再会"だなんてあり得ない!

譲渡した飼い主には、地域の模範となってほしい。

猫を飼っていない人こそが
飼育マナー向上のカギを握る。

猫の殺処分数はほぼ横ばいが続き、今のところ芳しい効果は出ていない。
杉原さんは「法整備の遅れ」を指摘する。
犬はつないで飼うこと(もしくは室内飼育)が義務になり、飼っていない人にも認知されていき、飼い主のマナーはつねに世間の目にさらされることになり、結果マナーが向上した。

ところが猫の場合、まだまだマナーは時代遅れ。

「屋内飼育、不妊処置、迷子札の装着、この3点を守ることが猫を飼うルールだと、誰もが認識するようになれば、猫を取り巻く状況は、目に見えて変わってくるはずです。」

人々の意識を変えるのは簡単ではない。
だが杉原さんたちは、「すぐに結果が出せなくても、10年後、20年後に代わることを信じて」取り組んでいる。

ざっと、こんな内容でした。

とても素晴らしいと思うし、納得もできる。
でも、猫に関しては横ばいならば、やり方を変えていくか、もしくは新たな試みも必要なんじゃないかと思う。

 私の提案

野良猫:不妊・去勢手術、県が無料で請け負い事業
   地域住民の参加を呼びかけ /千葉

毎日新聞 2012年08月26日 地方版

 県は今夏、猫と共生できる街づくりを目指し、野良猫10+件の不妊・去勢手術を無料で請け負う事業の取り組みを開始した。ふん尿被害などによる野良猫の苦情が増加し、県内で殺処分された猫も環境省によると、10年度では5811匹に上る。飼い主を癒やすペットとして人気が高い猫。県は「野良猫10+件をこれ以上増やさないことが問題解決の第一歩」と、地域住民の事業参加を呼びかけている。【斎川瞳】

 殺処分数自体は08年度7328匹、09年度7005匹と減少傾向にある。しかし、環境省の統計では、10年度に県内の保健所などに持ち込まれた野良猫10+件や捨て猫約7000匹のほとんどは引き取り手もなく、8割以上が富里市にある動物愛護センター内で殺処分されているのが現状だ。

 ただ、野良猫に関する苦情は相次いでいる。県によると、苦情は年間1500〜1800件寄せられ、「庭にふん尿をされた」「鳴き声がうるさい」「車に傷を付けられた」など、野良猫の駆除を求める声が多いという。しかし、県の担当者は「猫には、犬のように条例などの強制的な規制がなく、行政としてはどうすることもできない」と話す。

兵庫県動物愛護センターさんもどうでしょうか

            by まっちゃん


たくさんの人に見ていただきたいと思っています。
お鼻をポチして応援してください!

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そう25年度から横浜市は、動物愛護センターで野良猫の不妊助成手術をはじめます。これは、市民の活動によって実現したものです。他に長野県でも行われています。
迷子札
会員限定企画!
r3.jpg
パンフレット紹介
画像は環境省自然環境局のサイトにリンクしてあります。
ここで全文を読むことができますので、是非、読んでみてください。
r45.jpg

r3.jpg

                  r4.jpg

r2.jpg

r1.jpg

r5.jpg

r6.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

zerosengen.jpg

h2506.jpg

ポスター紹介
p3.jpg p1.jpg poster04.jpg
ブロとも一覧
のぞいてみてね。
犬のしつけとドックダンス
見て見て!
犬の訓練、ペットシッター